速報
» 2012年01月20日 07時00分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:好調な経済指標や欧州金融不安、予想を下回る指標や目先の過熱感から上値も限定的 (1/2)

[清水洋介,Business Media 誠]

<日経平均>8639.68△89.10

<TOPIX>740.68△5.70

<NYダウ>12623.98△45.03

<NASDAQ>2788.33△18.62

<NY為替>77.09△0.27

好調な経済指標や欧州金融不安の一服を受けて堅調、予想を下回る指標があることや目先の過熱感から上値も限定的

 欧州でのフランスやスペインの国債入札が順調となったことやギリシャ支援の交渉が進むとの期待からユーロが買い戻されるなど欧州金融不安が一服となったことや朝方発表された金融機関の決算が予想を上回り、新規失業保険申請件数も市場予想以上に減少、雇用の改善期待が強まったことから買いが先行、目先的な過熱感から手仕舞い売りもあって上値も限られましたが、堅調な展開になりました。フィラデルフィア連銀の景気指数が予想を下回ったことから利益確定売りに押されて軟調となる場面もあったのですが、総じて企業業績の回復や景況感の改善が見られることから大きく下押すこともなく堅調な展開になりました。

 引け後に発表された決算でも予想を上回るものがみられるなど、欧州金融不安で世界的な景気鈍化懸念が強かった割には企業業績は好調ということがみえて来ました。指数上昇の過熱感はあるものの、欧州金融不安も米国景気、米国企業業績の回復から世界的な景気拡大期待が強まってくると徐々に払拭されて来るものと思われます。ドル安メリットなどもあり、また、金融緩和効果もあり、ここからも好調な決算発表に敏感に反応して強含みの展開が続くと思われます。金融機関の資本規制など金融規制強化などが取り沙汰されることがなければ、堅調な地合いが続くのでしょう。

 個別には決算が黒字に転換したと発表したバンク・オブ・アメリカが堅調、一株損失が予想を下回ったモルガンスタンレーも大幅高、JPモルガン・チェースも堅調となるなどコダックの破産法申請を全く意識することなく金融株は総じて堅調、大幅高となりました。世界的な景気鈍化懸念が薄れてきたことでアルコアやキャタピラー、GE(ゼネラル・エレクトリック)など景気敏感株も堅調、フォード・モーターも高くなりました。金や原油の先物が軟調となったことでパブリック・ゴールドは大幅安となるなど金鉱株は軟調となりましたが、エクソン・モービルやシェブロンは堅調となりました。引け後に決算発表を控えていたインテルは堅調、決算も予想を上回ったことで時間外取引でも買われています。一方、グーグルは堅調となったものの引け後発表された決算が予想を下回ったということで時間外取引では大幅安となっています。IBMは軟調となったのですが、引け後に発表した決算が予想を上回り、予想を上回る見通しとなったことで時間外取引では堅調な推移となっています。

本日の相場

日経平均

 昨日の日本市場は米国株が堅調となったことや欧州金融不安が一服、ユーロ安が一服となったことで買い先行となりました。外国人は売り越し基調と伝えられたのですが午前中までは前日の午後と同じように先物にまとまった買いもみられ、指数を押し上げる展開となりました。午後になると「いつものように」方向感に乏しく指数は小動きとなり、最後は若干手仕舞い売りも出て上げ幅縮小となりましたが、大幅高となりました。為替が落ち着いていたことで売り急ぐ動きもなかったものと思われます。

 本日も米国株が堅調、ユーロが100円台まで戻り米ドルでも若干円安に振れたことから買い先行となりそうです。注目される米国企業の決算もまちまちではあるものの比較的底堅く堅調なものが多く、堅調な展開が期待されます。週末ということで引き続き欧州金融不安もありしっかりと週末に持ち高を増やすというよりは手仕舞いの動きが中心となるものと思われ、その際も昨日までに買戻しを急ぐ動きが見られたことからどちらかというと手仕舞い売りが多いのではないかと思われ、上値も限られるのでしょう。ユーロがさらに買われるような展開になれば値持ちも良くなりそうです。引き続きハイテク銘柄などの買戻しや主力銘柄の割安感、出遅れ感が強いような銘柄が物色されると思います。幕間つなぎ的に買われた復興関連銘柄は一服となりそうです。

 節目とみられる8500円〜600円水準を抜けかかってきました。ちょうど一カ月前と同じような状況で、一目均衡表では遅行線が日々線の高値の日柄に応答するところで、本日がいったん高値になる可能性もあり、その場合は8500円〜600円水準での底堅さを確認し、下値を固めてからの上昇となると思われます。ただ、一目均衡表の雲を抜け、しっかりと値を保つようであれば、遅行線も日々線を抜けて「三役好転」となり、底入れ確認となってくるので、本日が高値となっても底堅さを確認し、すぐに上昇トレンドに転換しそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集