ニュース
» 2012年01月19日 15時32分 UPDATE

“へそくり”はいくら? サラリーマン世帯の主婦に聞く (1/2)

夫に内緒で“へそくり”(資産)を貯めている人はどのくらいいるのだろうか。サラリーマン世帯の主婦に聞いたところ「へそくりをしている」と答えたのは、昨冬より4.4ポイント増の48.2%だった。損保ジャパンDIY生命調べ。

[Business Media 誠]

 2011年の冬のボーナス、どのくらいもらいましたか? 20〜50代のサラリーマン世帯の主婦(平均年齢39.5歳)に手取額を聞いたところ、昨冬から6000円減の61万5000円であることが、損保ジャパンDIY生命の調査で分かった。

 調査開始以来、最低となった昨冬をさらに下回る結果に。しかし家計に関しては「楽である」(41.2%)と答えたのは3年ぶりに4割台に回復しており、「ここ数年続く厳しい経済状況に家計は徐々に順応しているのかもしれない」(損保ジャパンDIY生命)

yd_money1.jpg 2011年冬のボーナスの手取り額(出典:損保ジャパンDIY生命)

ボーナスの使い道

 ボーナスの使い道を聞いたところ「預貯金」と答えたのは、調査開始以来最高となる75.0%を記録。ただ「預貯金」以外は、全体的に減少傾向がうかがえた。「プチ贅沢」(25.4%→20.8%)と「家電製品の購入」(20.4%→14.6%)は大きく減少するなど、主婦の気持ちが貯蓄に向っているようだ。

yd_money2.jpg 冬のボーナスの主な使い道(出典:損保ジャパンDIY生命)

 またボーナスから夫に渡した小遣いを聞いたところ「0円(渡さない)」と答えたのは、昨冬より4.2ポイント増加の46.2%。「0円」と答えた人に理由を尋ねると「必要なときにはその都度渡しているので」(37.2%)、「毎月お小遣いを渡しているので」(29.9%)といった回答が多かった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -