コラム
» 2012年01月16日 08時00分 UPDATE

昔と違う? 2012年度センター試験はこうなっている (1/3)

1月14日から15日にかけて、大学入試センター試験が実施されました。1990年に始まったセンター試験は20年以上続いていますが、その詳細は年度ごとに異なっています。今のセンター試験の実施方法をご存じですか?

[寺西隆行,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:寺西隆行(てらにし・たかゆき)

株式会社Z会教材編集部理科課長(兼小学生コース教材担当)。幼児から大学生・若手社会人の教育に携わるZ会で、理科の教材編集に携わる社員のマネジメントと、小学生向け商材の開発担当を担う。前任はWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。


 1月14日から15日にかけて、大学入試センター試験が実施されました。志願者数55万人! と国にとっても一大行事。なんせ全国さまざまな会場で、全く同じ時間に開始〜終了しなければいけない、というシロモノですから……。

 問題用紙など試験に必要なものは、特別な専用車を用いて、警備員常駐で試験場まで輸送されているほどのものなのです。

ah_nau1.jpg センター試験志願者数・受験者数などの推移(出典:大学入試センター)

 さて、センター試験は、各大学がさまざまな用途で利用します。代表的な使用例は、東大を初めとする国公立大学が、「独自で出題する二次試験の前に、教科書レベルの知識をさまざまな教科にわたって広く理解できているかどうかを試す」というものです。一般的に知られている用途ですね。これはセンター試験導入当初から変化ありません。

 そして、国公立大学志望者はセンター試験終了後、2月下旬に行われる大学個別の二次試験に向けて、短い期間で直前対策することになります。

 しかし、このセンター試験、細かなところはいろいろ以前のやり方から変化しているのです。例えば、2006年に英語でリスニングが導入されたことは有名ですよね。

 これから1週間程度、センター試験について、いろいろ話題が盛り上がると思いますので、「以前とはこの辺が違うんだよ!」「こういうことになっているんだよ」というマメ知識的なことをまとめてみます。

 読者層として30〜40代の方々を意識しています。また、細かな部分はざっくりと説明して、(正確さより)分かりやすさを優先していることをご了承ください。

※センター試験の問題分析速報は「Z会東大対策ブログ」で行っています。

センター試験、今昔

共通一次試験とセンター試験の違い

 1990年に導入されたセンター試験。それ以前、1979〜1989年に行われていた「共通一次試験」との制度的な違いは、「国公立大学のみが利用するもの」という位置付けから、「私立大学も(試験結果を)利用してもよいもの」とした部分です。

さまざまな「受験上の注意」

  • 試験中にメガネをかけて問題を解く場合、受験票の写真は必ずメガネをかけてとらなければいけません
  • シャープペンシルを使用することは構いませんが、あくまでメモ書きや計算用として。マークシート記入時は必ず鉛筆(H、F、HB)で行わなければいけません(マークシートへの解答が読み取れなくなる可能性があるため)
  • カンニングだけではなく、他の人に答えを教えても不正行為として退場を命じられます(笑)
  • 定規はそもそも机の上に置いてはいけません

「センター試験として用意されている科目」と「その科目で志望大学に出願できるか」は別

 例えば、センター試験の「科目」の中に「理科総合A」というものがありますが、これは「センター試験の問題として用意しました」というだけで、この科目を受験しても東大には出願できません。

 他の例で言えば、2012年度の試験科目に「倫理」「政治・経済」に加えて「倫理、政治・経済」というものがありますが、だからといって「俺、倫理はめちゃめちゃ得意だけど、政治・経済は苦手だから倫理で受けるわあ」と単純にはなりません(2012年度の東大出願では必ず「倫理、政治・経済」の科目選択が必要、など)。

 受験生の保護者の立場からすると、センター試験の出題科目の変化を見るだけではなく、お子さんの志望校がセンター試験で何を課しているかまで見る必要があります。

「教科」と「科目」の違い

 教科は「外国語」「数学」「国語」「理科」「地歴」「公民」の6教科のことで、この中で「英語」「韓国語」「物理」「日本史」……というように分かれているのが「科目」です。

 大学出願に必要な「科目数」としては「7科目」が一般的で、標準的な出願パターンは「英語、国語、数学I・A or 数学I、数学II・B or 数学II、地歴 or 公民の1科目、理科の2科目」という「5教科7科目」、「英語、国語、数学I・A or 数学I、数学II・B or 数学II、地歴の1科目、公民の1科目、理科の1科目」という「6教科7科目」となります。

 1990〜2003年ごろまでは「5教科6科目」が多かったのですが、いわゆる「ゆとり教育」を懸念した国公立大学側の多くが科目増の処置をとったわけです。

 数学に2科目あることが、「科目数」をカウントする時に見落としがちな点です。また、以前は「社会」という「1教科」だったものが、今では「地歴」「公民」として「2教科」と数えるようになった(正確に言うと、高校の課程では「社会」という教科がない!)ことも、30代以上の方はご存じない方が多いですね。

満点は何点?

 満点を「950点」とする国公立大学(特に難関大学)が多いです。「800点」という認識の人は、ゆとり教育への批判から生まれた「センター試験5教科7科目(あるいは6教科7科目)化」以前の受験者ですね。

 また、「900点」という認識の人は、5教科7科目化はされていたものの、英語でリスニング試験(50点)が導入される前の受験者です(2004年、2005年ごろ)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集