ニュース
» 2012年01月11日 13時32分 UPDATE

ビジネスパーソンの35%、スマホを使っての学習に意欲 (1/2)

スマートフォンを使っての学習に興味がある人はどのくらいいるのだろうか。25〜45歳のビジネスパーソンに聞いたところ、35%がスマートフォンを活用して学ぶスタイルに意欲的であることが分かった。NTTナレッジ・スクウェア調べ。

[Business Media 誠]

 あなたはスマートフォンを使っての学習について、どのように思いますか? 25〜45歳のビジネスパーソンに聞いたところ「既に活用している」(8.5%)と「関心があり、活用したい」(27.3%)を合わせると、35.8%の人がスマートフォンを活用して学ぶスタイルに意欲的であることが、NTTナレッジ・スクウェアの調査で分かった。

 その一方で「以前活用したが、あまり効果がなかった」という人は26.5%、「スマートフォンで学べることを知らない」は37.3%いた。

yd_study1.jpg スマートフォンを使っての学習について(出典:NTTナレッジ・スクウェア)

 スマートフォンを使っての学習について「活用している」「活用したい」という人に、そのメリットを尋ねたところ「スキマの時間(通勤、就寝前など)に学ぶことができる」(196人)と答えた人がトップ。このほか「時間にしばられずに学べる」(135人)、「何度でも見られるから復習しやすい」(95人)、「動画も見られて便利」(79人)と続いた。

学んでみたい著名人

 新年を迎えて、身に付けたいスキルや知識などがある人はどのくらいいるのだろうか。「漠然と学んで身に付けたいと思っているものがある」という人は41.0%、「学んで身に付けたいものがある/始める予定のものがある」は33.5%、「何でもいいから何か学んでみたいとは思っている」は16.9%。全体の91.4%が「何かしらを学びたい」と回答した。

yd_study2.jpg 2012年に身に付けたいスキルは? (出典:NTTナレッジ・スクウェア)

 具体的にどんなことを学びたいですかという質問には「語学」(350人)を挙げる人が最も多かった。次いで「ビジネススキル」(236人)、「スポーツ」(71人)、「料理」(58人)という結果に。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -