コラム
» 2012年01月10日 08時00分 UPDATE

松田雅央の時事日想:なぜドイツは製造業が強いのか――歴史を振り返る (4/4)

[松田雅央,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

 20世紀初頭のドイツ帝国は欧州の覇権を狙い、工業の近代化と発展が国の重点課題だった。ドイツ博物館の主要テーマはそこからきており、一連の展示物を見ると今日もドイツが得意とする航空、機械、自動車の発展の流れを理解できる。また、軍事技術と民生技術は切り離すことができず、多くの分野で表裏一体に融合しながら発展してきた様子もよくわかる。

 ドイツ博物館で一番新しく開設された展示ホールは「ナノテクノロジー」。新素材、遺伝子操作、分子化学といったいわゆるハイテク技術は、これまでの重厚長大型技術の展示と強いコントラスをなしている。時代と産業の移り変わりを反映し、ドイツ博物館もまた進化を続けている。

yd_matuda9.jpgyd_matuda10.jpg オットー・ハーンらが核分裂現象を発見(1938年)した実験器具(左)、ナノテクノロジーの展示ホール(右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集