連載
» 2011年12月21日 08時00分 UPDATE

教えて岡村先生! お金のことアレコレ(2):株式投資とFXって、どんな違いがあるのですか? (1/5)

現在銀行に預けている70万円を、なんとかして増やしたいと思っている長野真歩さん。しかし株式投資とFXの違いが分かっていないようです。そこでお金のことに詳しい岡村先生に、金融の仕組みを聞きました。

[岡村さとみ,土肥義則,Business Media 誠]

 私、長野真歩。モデルなどをしながら、なんとか70万円を貯めました。しかしそっくりそのまま銀行に預けたままなので、なかなか増えません。できれば「投資」というものを始めたいのですが、どの商品を買ったらいいのか分からないし……。そこで『20代で知っておきたいお金のこと』を書かれた岡村先生に、話をうかがいに来ちゃいましたー。

 前回「長期間で損得を考えること」「預貯金の習慣をつける」という2つのポイントを教えてもらいました。この2つは投資をする前にものすごく大切なことらしいのですが、実は私……ちゃっかりできています(嬉)。でもまだまだ。「株式」というものが、どういう仕組みなのかよく分かりませんから……(涙)

教えて岡村先生! お金のことアレコレ:

 →【第1回】ライフタイムコストってなに? 長野真歩が聞いてきました


株式投資とFXの違い

yd_nagano8.jpg 長野真歩さん

長野:先生、以前から気になっていたのですが、FXと株式投資の違いはなんでしょうか?

岡村:FXは株式投資と違って「ゼロサムゲーム」なんですよ。

長野:ゼロサムゲームって?

岡村:例えば100人得した人がいれば、その裏で100人損をした人がいるということ。株式投資というのは基本的に、会社の成長と一緒に株価も上がっていきます。株価が上がれば、その株を持っている人がもうかるという仕組み。

 FXというのは通貨を取引しますが、通貨自体は価値を生み出しませんよね? 通貨は売買したあと、交換する為替レートが動くことで、もうかったり損したりします。

 例えば「1ドル=100円」の時代がありましたが、今は1ドル80円くらいになり、円の価値が強くなりました。このように為替レートが動くと、円を持っていた人は得し、ドルを持っていた人は損をします。

長野:為替レートが100円から80円に動いただけで、もうかった人と損をした人がでるってことですか?

岡村:FXは同じ価値のものを交換するだけで、それぞれが逆の取引をしているだけ。長野さんがドルを買ったら、全く同じ金額のドルを売っている人がいるということです。

 つまりバランスが合ったものだけ取引が成立しているんですね。今、円が強くなっているのは「円が欲しい人」と思っている人が多いから。そうすれば円の価格が上がっていきます。

 逆に「ドルが欲しい人」が少なければ、ドルの価格は下がってしまう。その需給バランスが一致するところで、為替レートが決まります。

 FXの取引は、通貨を交換しているだけなので、経済活動の成長には寄与しません。もちろんFXを扱っている会社は、投資家からの手数料などでもうかりますが。一方の株式投資は、投資家が企業にお金を与えて、そのお金で企業は事業を営みます。そしてその企業が大きくなれば、経済成長につながっていきます。

 もちろん「FXが悪い」「株式投資は良い」といった話ではなく、性質が違うものだと理解してくださいね。ただ、株式は「投資(インベストメント)」と言いますが、FXは「投機 (スペキュレーション)」と言いますね。

長野:なるほど〜。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news023.jpg
新連載・加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
news017.jpg
任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
news012.jpg
水曜インタビュー劇場(空港のクルマ公演):
Loading

注目のテーマ