コラム
» 2011年11月30日 08時00分 UPDATE

誰のためのサービス? 茶店がのぼりに「お休み処」と書くワケ (1/2)

お客さんや見込み客の心に響くような情報の伝え方をするにはどうすればいいのか。ポイントは時代劇に出てくる茶店の“のぼり”。Webページやチラシの書き方を少し変えるだけで、ガラッと変わるのである。

[安田英久,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:安田英久(やすだ・ひでひさ)

インプレスビジネスメディアWeb担当者Forum編集長。プログラミングやサーバ、データベースなどの技術系翻訳書や雑誌『インターネットマガジン』などの編集や出版営業を経て、現在、Webサイト「Web担当者Forum」編集長。ビジネスにおけるウェブサイトの企画・構築・運用と、オンラインマーケティングの2軸をテーマにメディアを展開している。


 私は企業に資料を見せてもらいながら話を聞いたり、企業が行うセミナー情報を見たりすることが多いのですが、意外とピンと来ない場合が多いんですよね。そういう「分かりづらい」ものとして、次のようなパターンがあります。

  • 製品情報で「こんな機能がある」「こんな技術的特徴がある」といったことを延々と説明している
  • セミナー情報の冒頭で、開催の背景を延々と解説している

 これらは「提供側の考えること・思い」なんですよね。それが不要だとは言いませんが、もっと「受け手側にとってどうなのか」を押し出すようにしませんか?

 具体的には、受け手にとって、その製品を導入したりセミナーを受けたりすると「私のどんな問題を解決できるのか」「私がどんなことをできるようになるのか」「私にどんなメリットがあるのか」を、分かりやすい場所に明記しましょう。

 「こんなニーズをお持ちではないですか? これで実現できますよ」

 「こんなことで困っていませんか? これで解決できますよ」

 そうしたことを前面に押し出すことで、受け手は「ああ、これは自分向けだ」と自分事(じぶんごと)化できるようになるのです。

 あるビジネスセミナー情報サイトでは、セミナー情報の入力テンプレートに「このセミナーを受講すると、こんなスキルが身に付きます」「セミナーの対象者はこんな方です」という項目があり、その2点がセミナー情報の先頭に表示されるようになっています。これも「誰が、どんなことを達成するためにセミナーを受講するのか」を押し出すための良い仕組みですね。

 製品やサービスやセミナーでは「誰のどんなニーズや悩みに向けたもので、購入・利用・受講する前と後では何が変わるのか」を設計していますよね。それをちゃんと書けばいいのです。もしそういうことを考えていないのならば、原点に立ち返って、そこを検討しましょう。細かい機能や技術的なポイントは、それでツカんだあとに解説していけばいいのです。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集