コラム
» 2011年11月22日 09時34分 UPDATE

松田雅央の時事日想:ドイツ人が、日本に興味を抱くワケ (3/3)

[松田雅央,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

日本の精神世界に注目

yd_matuda3.jpg 居合術の実演

 ドイツ人が抱く日本のイメージについては、本連載「不思議の国ニッポンが、好かれる理由」でも紹介したが、ドイツ在住日本人の立場を他の国々、特に東アジア諸国の外国人と比べると扱いは別格だ。その背景には日本独特の精神世界へ敬意があると思う。

 ドイツは哲学の盛んな国。注目すべき宗教・思想・伝統文化を持つ国に対して一目置くところがあり、日本の禅、柔道・弓道・合気道、書道・茶道・華道に関心を持つ知識層は多い。SAMURAIグループTAKEDAなら、特に日本の武士道に強い関心を持っている。

 他の東アジアの国々にも独特の宗教・思想・伝統文化はあるが、なかなかドイツまで伝わってこない。それに比べ、日本の場合は先人の努力もあり長年の文化交流を通してドイツに広まっている。

 ただし誤解も多く、先日知り合ったドイツ人から「日本人のほとんどが禅やヨガをやっているのだろう?」と言われ困惑した。それほど多くの日本人が禅をやっているわけではないし、ヨガはインドだから日本文化と同列に扱われても……。そんな誤解や思い込みを交えながらも、両国の文化交流は続いており、ドイツ人の日本人に対する対応はおおむね好意的だ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集