ニュース
» 2011年11月16日 12時44分 UPDATE

就活生の77.7%、グローバルな人材になりたい

将来、グローバルな人材になりたいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。2012年4月入社を目指す大学生に聞いたところ「なりたい」と答えたのは77.7%だった。レジェンダ・コーポレーション調べ。

[Business Media 誠]

 あなたは将来、グローバルな人材になりたいですか? 2012年4月入社を希望する大学生(大学院生を含む)に聞いたところ「なりたい(どちらかというを含む)」と答えたのは77.7%であることが、レジェンダ・コーポレーションの調査で分かった。

yd_work1.jpg 8割の学生が「将来、グローバルな人材になりたい」(出典:レジェンダ・コーポレーション)

 またグローバルな人材になるためには、どのような能力・資質が必要だと思いますかという質問には「語学力」「英語力」「コミュニケーション能力」を挙げる人が多かった。例えば「英語をはじめとした語学力はもちろん、自分の意志を伝えて理解してもらうためのコミュニケーション力」「文化、人種、考え方など、人のアイデンティティに対して、固定概念を持っていないこと。『何でもやってみよう』という前向きさやチャレンジ精神があること」といった意見があった。

英語力に自信がある学生は4人に1人

 就活において、英語が選考基準となることに賛成ですか? この質問に対し「賛成(どちらかというとを含む)」と答えたのは56.9%。賛成派からは「英語への学習意欲を刺激する意味で必要」といった理由が多かった一方で、反対派からは「英語が苦手」「学部の有利・不利が発生する」などの声があった。

 また自分の英語力を尋ねると「自信がある(ややを含む)」と答えたのは24.3%。自信がない学生の中には「英語が話せるようになれるかが入社前の一番の不安」など、プレッシャーを感じている人もいた。

yd_work2.jpg 英語力に自信がない学生は多い(出典:レジェンダ・コーポレーション)

 インターネットによる調査で、2012年4月入社を希望する大学生(大学院生を含む)1095人が回答した。調査期間は10月14日から20日まで。

関連キーワード

語学


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集