調査リポート
» 2011年10月24日 12時53分 UPDATE

外貨投資をしたことはありますか? 5人に1人が経験者

[Business Media 誠]

 10月21日には一時、1ドル=75円78銭の戦後最高値を記録した外国為替相場。空前の円高で、外貨建て商品に注目が集まっている。

 楽天リサーチの調査によると、「現在、外貨投資(外貨預金、外貨建てMMFなど)をしている」(17.3%)と「以前、外貨投資をしていたが今はやっていない」(4.6%)を合わせると、5人に1人以上は外貨投資経験者であることが分かった。

 外貨投資経験者に「これまでに購入したことのある外貨建て金融商品」を尋ねたところ、「外貨預金」が65.3%と断トツ。以下、「外貨建てMMF」が31.1%、「外国債券」が17.4%、「外国為替証拠金取引(FX)」が15.5%で続いた。

 商品の購入方法では「ネット証券」が37.0%と最も多かったが、「銀行の店頭窓口」(28.3%)や「ネット専用銀行」(26.0%)、「証券会社の店頭窓口」(20.1%)などの割合も高くなっていた。

ah_gaika1.jpg (外貨投資経験者の)これまでに購入したことのある外貨建て金融商品(出典:楽天リサーチ)

外貨投資はリスクが高い!?

 外貨投資のイメージを聞くと、「リスクが高そう」が52.5%と半数を超えた。2位以下は「運用が難しそう」が32.1%、「手数料が高そう」が29.1%、「どの商品を選んでいいか分からない」が26.5%、「金利が高そう」が23.1%、「為替差益に期待できそう」が20.6%で続いた。全体として肯定的なイメージよりも、否定的なイメージを抱いている人の方が多いようだ。

 インターネットによる調査で、対象は20〜69歳の男女1000人(男性500人、女性500人)。調査期間は9月28日と29日。

ah_gaika2.jpg 外貨投資のイメージ(出典:楽天リサーチ)
ah_fx.jpg

関連キーワード

投資 | 為替 | FX | 楽天リサーチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集