連載
» 2011年10月21日 08時00分 UPDATE

吉田典史の時事日想:30歳で身に付けないと、みじめになる「考え方」 (1/3)

会社では“公平な競争”というものはありえないという筆者。そうした状況下での一時の成功や失敗に過剰に振り回されないことが、特に若い人にとっては大事だと主張する。

[吉田典史,Business Media 誠]

著者プロフィール:吉田典史(よしだ・のりふみ)

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2005年よりフリー。主に、経営、経済分野で取材・執筆・編集を続ける。雑誌では『人事マネジメント』(ビジネスパブリッシング社)や『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)、インターネットではNBオンライン(日経BP社)やダイヤモンドオンライン(ダイヤモンド社)で執筆中。このほか日本マンパワーや専門学校で文章指導の講師を務める。

著書に『非正社員から正社員になる!』(光文社)、『年収1000万円!稼ぐ「ライター」の仕事術』(同文舘出版)、『あの日、「負け組社員」になった…他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方』(ダイヤモンド社)、『いますぐ「さすが」と言いなさい!』(ビジネス社)など。ブログ「吉田典史の編集部」、Twitterアカウント:@katigumi


 今回は、会社員が30歳で身に付けないと、みじめな思いになる「考え方」を紹介したい。これは私の経験論であり、取材先や取引先を観察していて感じ取ることでもある。

 大学を卒業後、新卒で入社し、この年齢になるまでには同世代の社員との競争で、ある程度の結果が出ている。それが賃金などに大きく反映されるまでには至っていないが、少なくとも「彼は、なかなかデキル」といった評判は定着しているころだ。

 その上で、30歳の時点では確実に心得えておきたい「考え方」とは、次のようなものである。結論から言えば、周りの社員が口にする「公平」という言葉にだまされないことだ。そして、「公平」という考えに必要以上に影響を受けないこと。

 例えば、営業部に20代後半の社員が5人いたとする。それぞれの担当地域や交渉先があるわけだが、それは上司が通常決めるものだ。そして半年くらい経つと、一定の結果が出る。稼ぐ人もいれば、稼ぐ額がほかよりも少ない人もいるに違いない。

 これが1年、2年、3年と続くと、暗黙の了解で5人の社員の中で序列ができ上がる。「あいつが1番稼ぐ。2番目は俺で、3番目は彼女で……」といったものだ。そのような心理になるのは当然のことだろう。

 問題は、ここからである。ここで稼ぐ人は得てして、稼ぐ先輩や上司らと関係が深くなる。稼がない人よりは、話し合う機会や時間も多いに違いない。そうなると、5人の営業部員の中で、1つの構図ができ上がる。例えば、「1番稼ぐあいつは、上司たちにかわいがられて……俺は2番だから、あまり大切にされていない……」といった人間関係のようなものである。

 ここからが、注意すべきことである。ここで1番稼ぐ社員は足元を固め、自らのバックに先輩や上司を置く。すると、妙に生意気なことを言い出す傾向がある。例えば、「稼げない奴が悪い。5人は同じ時期にスタートし、担当地域や交渉先を与えられ、その結果、生じた結果だ。つまりは公平だ」といったことだ。

 それを聞いたあなたは、あえて口論をする必要はないが、心の中でこんなことを言い聞かせよう。

 「公平な競争? そんなものが、あるわけないだろう。10年のキャリアすらない中で、知ったかぶりでもの申すなよ。

 上司が主観で、それぞれの担当地域や交渉先を決めただけだ。当然、そこにはアンフェアなものがある。上司には、こんな心理が働いていたはずだ。

 『あいつをこのエリアで営業させると、契約が成立しやすくなる』とか『こいつは生意気で、来年の人事異動でほかの部署に出すから、あえてこの地域を担当させる必要はない』。ここに、公平性はあるのか?」

 これは私の持論だが、そもそも会社というさまざまなしがらみの中で仕事をしていく時、隅々までにおいて公平な判断や評価などができるわけがない。例えば、人事異動においても、「公平」という基準すら設けることができないではないか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集