コラム
» 2011年10月14日 14時03分 UPDATE

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!:2011年、マルチ「な」メディアへの移行 (1/3)

この十数年もの間、IT政策の最前線で走り続けている中村伊知哉教授によるカジュアルなつぶやきコラム。政策へのもどかしさがほとばしります! 2011年は過去20年のマルチメディア時代が終わり、次のITステージへと移行するタイミングだ。いま、注目すべき3つの状況とは?

[中村伊知哉,@IT]

中村伊知哉(なかむら・いちや)氏のプロフィール:

yd_nakamura.jpg

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。京都大学経済学部卒業。慶應義塾大学博士(政策・メディア)。デジタル教科書教材協議会副会長、 デジタルサイネージコンソーシアム理事長、NPO法人CANVAS副理事長、融合研究所代表理事などを兼務。内閣官房知的財産戦略本部、総務省、文部科学省、経済産業省などの委員を務める。1984年、ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て郵政省入省。通信・放送融合政策、インターネット政策などを担当。1988年MITメディアラボ客員教授。2002年スタンフォード日本センター研究所長を経て現職。

著書に『デジタル教科書革命』(ソフトバンククリエイティブ、共著)、『デジタルサイネージ戦略』(アスキー・メディアワークス、共著)、『デジタルサイネージ革命』(朝日新聞出版、共著)など。

中村伊知哉氏のWebサイト:http://www.ichiya.org/jpn/、Twitterアカウント:@ichiyanakamura


※編集部注:本記事は2011年10月13日に@IT「中村伊知哉のもういっぺんイってみな!」で掲載された記事を転載したものです。
yd_it.jpg

 2009年の政権交代から2年で3人目の首相だ。勘弁してくれよ。昭和初期かよ。太平洋戦争が始まりそうな雰囲気ぢゃないか。

 政権交代後の政治は国民の期待に応えていない。構造変化を求めたのに、同じステージをウロウロしたままだ。だが時を同じくしてITは激動期に入り、新しいステージに移ろうとしている。(1)端末=マルチデバイス、(2)伝送路=融合ネットワーク、(3)サービス=ソーシャルサービスという、端末・伝送路・サービスの3点で構造変化が進行しているのだ。

 これはデジャヴュだ。以前も似た光景を見た。1993年のことだ。米国でパパ・ブッシュからクリントンへ、共和党から民主党へと政権が移った。同じ年、日本でも宮沢政権から細川政権への交代があった。当時、バブル崩壊後の不景気に悩む日本は、アメリカ新政権の「情報ハイウェー」構想に対抗する形で「マルチメディア」をわあわあ叫び、そしてその翌年、1994年ごろからPCやケータイ、インターネットが両国で爆発的に普及し始めた。

 それから15年後の2009年、米国では息子ブッシュからオバマ、またも共和党から民主党に移り、同じく日本も麻生政権から鳩山政権へ交代。不景気に悩む日本。オバマ政権はICTの重要性を唱えているが、さて、翌年の2010年から、PCやケータイの次のメディアが普及し始めている。奇妙な一致だね。

 なお、日米政権交代の1993年と2009年の翌年、1994年と2010年はいずれも歴史的な猛暑として記録されている。そして1995年と2011年はいずれも大震災。マルチメディアの次の大波が来るのも必然じゃないか?

 2010年から2011年は歴史的にバックリ断絶のタイミング。過去20年のメディア状況と今後の状況との分かれ道となる。

 1990年代初めは、アナログからデジタルへの転換点だった。テレビ、電話からPC、ケータイへ。アナログ放送網と電話網からデジタル放送とインターネットへ。そのチョイ前、80年代中盤に盛り上がった「ニューメディア」は、CATVや衛星などアナログメディアの多様化だったが、90年代初頭の「マルチメディア」 は、PCに代表されるデジタル端末がインターネットなるデジタル網につながる未来を展望したものだった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ