ニュース
» 2011年10月12日 15時19分 UPDATE

2012年春の花粉飛散量、2011年より7割減少――ウェザーニューズ予測

[Business Media 誠]

 ウェザーニューズは10月11日、2012年の花粉シーズンにおけるスギ・ヒノキ花粉傾向を発表、飛散量は2011年より少なくなると予測した。

 よく晴れて暑い夏ほど植物の光合成が盛んになるため、花粉を生み出す雄花の生産量は前年夏の天候との相関性が高い。2011年夏は全国的な猛暑となった2010年夏に比べると、雲が多く、気温も低い傾向となったため、スギ花粉の飛散量は減少する見込みだという。

 ウェザーニューズでは衛星データを利用したスギ・ヒノキ林の活性度などから分析した結果、スギ花粉は全国平均で2011年の約3割の飛散量と予想。ヒノキ花粉も同様の傾向としている。過去の飛散状況を比較すると、比較的飛散量の少なかった2006年、2008年、2010年と似た傾向となる見通しだ。

 都道府県別にみると、秋田県、滋賀県、兵庫県、岡山県では2011年の5〜7割とやや多めだが、それ以外の地域については半分以下になると予想している。

ah_kahun.jpg 2012年春花粉飛散量傾向(出典:ウェザーニューズ)

関連キーワード

花粉症 | ウェザーニューズ | 2011 | 2012


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集