ニュース
» 2011年10月06日 14時12分 UPDATE

若い女性の間で、“スポーツ離れ”が進んでいる? (1/2)

現在スポーツをしている人はどのくらいいるのだろうか。20代以上の男女に聞いたところ、「スポーツをしている」と答えた人は30.6%に対し、「していない」は69.4%だった。インヴァスト証券調べ。

[Business Media 誠]

 現在スポーツをしている人はどのくらいいるのだろうか。20代以上の男女に聞いたところ、「スポーツをしている」と答えた人は30.6%に対し、「していない」は69.4%であることが、インヴァスト証券の調査で分かった。20〜40代の女性で「スポーツをしていない」と答えた人は8割を超えた。

 スポーツをしていない人に、その理由を聞いたところ「身体を動かすのが好きではない」(19.9%)と答えた人が最も多く、次いで「体力がない」(18.4%)、「時間に余裕がない」(16.7%)と続いた。「身体を動かすことが好きでない」と答えた人を男女別にみると、男性12.7%に対し、女性は25.4%。また「時間に余裕がない」と答えたのは男性21.3%に対し、女性は13.2%だった。「時間的制限でスポーツができない男性に対して、そもそもスポーツをしようと思っていない女性が多いことが明らかになった」(インヴァスト証券)

yd_sports2.jpg スポーツをしていない理由(出典:インヴァスト証券)

 「スポーツをしている」と答えたのは20代男性が最も多く54.0%。一方、最も少なかったのは20代女性で54.0%。また「スポーツ観戦をしない」と答えたのも20代女性(58.0%)が最も多かった。この調査結果では、20代女性の“スポーツ離れ”が進んでいることがうかがえた。

yd_sports1.jpg 20〜40代女性の8割が「スポーツをしていない」と回答した(出典:インヴァスト証券)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集