ニュース
» 2011年09月26日 13時00分 UPDATE

大型台風15号が接近、そのとき首都圏のビジネスパーソンは

大型台風15号の影響で交通機関の運行状況が乱れた9月21日、首都圏に出勤していたビジネスパーソンはどのように対応したのだろうか。「仕事を早く切り上げて帰宅した」という人は4割を超えた。マクロミル調べ。

[Business Media 誠]

 大型台風15号の影響で交通機関の運行状況が乱れた9月21日、首都圏に出勤していたビジネスパーソンはどのように対応したのだろうか。

 帰宅の時間帯に台風が接近していたことでどのような行動をとりましたかと聞いたところ「仕事を早く切り上げて帰宅した」(46.4%)と答えた人が最も多く、次いで「会社で台風が過ぎるのを待った」(16.5%)、「他の路線やバスなど乗り換えを繰り返して帰宅した」(7.5%)であることが、マクロミルの調査で分かった。

yd_taifu1.jpg (出典:マクロミル)

 また仕事を早く切り上げて帰宅をしなかった人に、帰宅にどのくらいの時間がかかったのかを聞いたところ「いつもの2倍」という人が32.7%、「いつもの3倍」が15.4%。それ以上の人を含め2倍以上かかった人は、合計で65.9%という結果に。ちなみに「いつも通り」に帰宅できた人は34.1%。

震災の教訓

 3月11日の地震発生直後に首都圏の交通機関が混乱したときの経験を経て、今回は「震災時の教訓がいかされた」と感じている人はどのくらいいるのだろうか。「いかされたと思う」と答えた人は41.9%、「いかされなかったと思う」は58.1%。

yd_taifu2.jpg (出典:マクロミル)

 「いかされたと思う」と答えた人に、具体的な理由を尋ねると「強引な帰宅は避けて落ち着いてから帰宅するように行動できた」「電車を使わないルートを調べてあった」といった声があった。一方「いかされなかった」人からは「運行停止の情報が遅かった。会社では停止前に帰宅できるよう早期退社命令が出たが、間に合わなかった」「台風の影響を過小評価していた。鉄道マヒの程度を見誤った」などの意見があった。

 インターネットによる調査で、9月21日に首都圏に出社していたビジネスパーソン399人が回答した。調査期間は9月21日から22日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ