調査リポート
» 2011年09月16日 13時26分 UPDATE

2010年のアニメ市場規模は2290億円、前年比5.8%増

メディア開発綜研の調査によると、2010年のアニメーション市場規模は前年比5.8%増の2290億円と2年連続で増加していることが分かった。『借りぐらしのアリエッティ』『トイ・ストーリー3』という劇場映画のヒット作が市場をけん引した。

[Business Media 誠]

 メディア開発綜研は9月9日、「アニメーション市場分析プロジェクト」の調査結果を発表。それによると、2010年のアニメーション市場規模※は前年比5.8%増の2290億円と2年連続で増加していることが分かった。

※市場範囲は、劇場用アニメ、アニメビデオソフト(セル/レンタル)、テレビアニメ、配信(PC、IPTV、携帯向け)。
ah_anime1.jpg アニメーション市場規模推移(クリックで拡大、出典:メディア開発綜研)

 劇場映画のヒット作が市場をけん引しており、邦画では『借りぐらしのアリエッティ』が92億5000万円、洋画は『トイ・ストーリー3』が108億円の興行収入を記録したのが目立っていた。

 テレビアニメ作品は2006年の279本をピークに5年連続で減少しており、2010年は195本(日本動画協会調べ)と地上波の市場は縮小傾向にある。一方、衛星・ケーブルテレビのアニメチャンネルの視聴者数は増加し、有料放送の市場は引き続き拡大。「2011年にはアニマックスのBSチャンネルの放送が開始されるため、視聴者増が期待されている」(メディア開発綜研)。

 また、ビデオソフト市場全体は前年比減となったが、アニメに関しては増加しており、特にBlu-ray Discでは売上出荷金額の約6割をアニメが占めているという。配信では、PC向け有料配信市場が伸び悩む一方、携帯向けアニメ配信市場が拡大している。

ah_anime2.jpg テレビ放送作品タイトル数推移(クリックで全体を表示、出典:日本動画協会)

関連キーワード

アニメ | アニメ産業 | ビジネス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -