連載
» 2011年09月09日 08時00分 UPDATE

吉田典史の時事日想:上司は部下の仕事にどこまで干渉するべきか? (1/2)

人事コンサルタントの川口雅裕さんから、「会社員は、組織の中で承諾や合意を得るための力を身に付けないと何事もうまくいかない」と聞いた筆者。その力を鍛えるためには、上司が積極的に部下の仕事に干渉するべきと主張する。

[吉田典史,Business Media 誠]

著者プロフィール:吉田典史(よしだ・のりふみ)

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2005年よりフリー。主に、経営、経済分野で取材・執筆・編集を続ける。雑誌では『人事マネジメント』(ビジネスパブリッシング社)や『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)、インターネットではNBオンライン(日経BP社)やダイヤモンドオンライン(ダイヤモンド社)で執筆中。このほか日本マンパワーや専門学校で文章指導の講師を務める。

著書に『非正社員から正社員になる!』(光文社)、『年収1000万円!稼ぐ「ライター」の仕事術』(同文舘出版)、『あの日、「負け組社員」になった…他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方』(ダイヤモンド社)、『いますぐ「さすが」と言いなさい!』(ビジネス社)など。ブログ「吉田典史の編集部」、Twitterアカウント:@katigumi


 先日、考え込むことがあった。ここ数年、悶々としていたことに風穴が少し開いたような気がした。

 それは、人事コンサルタントの川口雅裕さん(イニシアチブ・パートナーズ代表)に取材をしていた時だった。川口さんは関西を拠点に組織・人事関連のコンサルティング、研修、講演を行っている。1980年代後半に、当時、リクルートと肩を並べるほどの人気企業だったリクルートコスモスに入社。その後は人事労務に関わり、20数年のキャリアがある。

 私が尋ねたのは、会社という組織の中で仕事をすることの意味についてだった。まず、このような質問をした。

 「部下が上司の了解を得ることなく仕事を進めた結果、上司から信用を失い、苦しい立場に追いやられたらどうすべきか?」

 川口さんは「その部下は会社で仕事をすることの意味を心得ていない」とした上で、こう切り出した。

 「会社で仕事をするならば当然、上司の承諾を含めて、組織として合意するという手続きを踏まえる必要がある。そのことに関する理解と、承諾や合意を得るための力を身に付けないと、何事もうまくいかない」

 これは、若い会社員からすると難しい。ついつい、無視をしたくなる上司はいる。上司である課長が無能であるがゆえに、飛び越えて部長に話を持っていきたくなる時もある。

 しかし、川口さんの指摘通り、「上司の承諾を含めて、組織として合意するという手続きを踏まえる」ことをしないと、ほぼ間違いなく行き詰まるはずだ。

 これは私の認識なのだが、会社員は個人事業主ではない。経営者でもない。会社員が仕事をしていく力とは、組織の中で認められることが大前提。個人事業主として例えば、その分野で国内ナンバー1であったとしても、組織で生きていくことができない限り、会社では“優秀”と言わない。

 ところが、会社員経験の浅いコンサルタントや経済評論家など、さらに個人事業主の経験が長い人は、このあたりへの考察が甘い。それどころか、「職務遂行能力を高めれば、社内で活躍できる」と言い始める。私にはこれらは事実にもとづかない、浅い見方にしか見えない。

 会社員は所属部署では、上司らとの間で仕事において詰めるところは徹底して詰める。その中で、小さなコンセンサスを得つつ、信用を獲得し、承認にこぎつけるべきなのである。これを極力早いスピードで確実に着実にできる人が“優秀”と言えるのだ。

 誰の承認を得ることもなく、勝手に仕事をして高い業績を出しても、束の間の自己満足で終わる。周囲の人は、そんな戦略性のひとかけらもない、エゴイストな人に付いていかない。また、付いていくべきではない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ