ニュース
» 2011年09月05日 12時57分 UPDATE

まとめ読み!誠 PDF:美人記者が増えている。“体当たり取材”の功罪は?

読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は時事日想で連載中の相場英雄さんの記事をまとめました。

[Business Media 誠]

 面白いと思った特集や連載を、まとめて読みたいと思ったことはありませんか? 「まとめ読み!誠 PDF」は、注目を集めた特集や連載を、まとめて読めるPDFファイルに再編集。1度ダウンロードすれば、気になる記事をいつでも読むことができます。

 以下「なぜ巨大メディアは赤字に陥ったのか? 真犯人はこの男たち」(2009年7月2日)の冒頭部分を再掲します。「まとめ読み!誠 PDF」をダウンロードすると、相場英雄さんの記事をまとめて読むことができます。

記者や編集者に経営はムリ

 2008年秋の世界金融恐慌以降、一般企業だけでなくテレビや新聞、出版社と巨大メディア企業が相次いで巨額赤字を計上した。原因については、世界的な不況に伴う広告収入の落ち込み、インターネットの台頭による販売不振が直撃したというのが一般的な論調だが、筆者は声を大にしてこれを否定したい。巨額赤字の背後には、業界特有の病根があるからだ。大不況による業績悪化は、メディア界が抱える根深い問題を露呈させるきっかけになったにすぎない。

 いきなり最上段に構えて、業界を袈裟(けさ)切りしたのには理由がある。筆者は通信社の記者として長年取材を続け、金融や製造業、商社などさまざまな企業のトップと接する機会があった。いずれのトップたちも社内のみならず、世界中に目を向けて会社の舵(かじ)取りを担う、いわば経営のプロたちだった。現在も親交のある一部の経営者たちは、不況の中で懸命に陣頭指揮を執り、業績立て直しに向けて奮闘している。翻ってマスコミ業界はどうか。

 新聞やテレビなど報道記者の場合、自身のカバーする業界に細心の注意を払い、同業他社に先んじてネタを出す、すなわちスクープを放つことが至上命題だ。スクープのために家庭生活を犠牲にし、1日中同業他社の動きに神経を尖らす。ネタを取ることが万事であり、それ以外の仕事に関しては全く素人なのだ。(続きは「まとめ読み!誠 PDF」で

yd_makoto.jpg

「まとめ読み!誠 PDF」のダウンロードはこちらから

 →美人記者が増えている。“体当たり取材”の功罪は?をダウンロードする。


  • まとめ読み!誠 PDFはPDFファイルで作成しています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です(無償)
  • まとめ読み!誠 PDFのダウンロードは無償ですが、アイティメディアIDへの登録が必要です。登録していない場合や、登録済みの情報に不足がある場合、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面に移動しますので、登録をお願いします。
  • まとめ読み!誠 PDFは、すでに掲載した記事をまとめたものです。記事掲載時点の情報にて記述していますので、一部の表現が現状にそぐわない可能性がございますが、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集