ニュース
» 2011年08月23日 10時47分 UPDATE

電気自動車の未来を語る「スマートEVサミット2011」

8月27日、メルセデス・ベンツ日本が「スマートEVサミット2011」を開催する。電気自動車「smart fortwo electric drive」の試乗体験リポーター7人は、どのような共同宣言を採択するのか。

[岡田大助,Business Media 誠]

 8月27日、メルセデス・ベンツ日本が「スマートEVサミット2011」を開催する。smartの電気自動車「smart fortwo electric drive」の試乗体験リポーター7人によるディスカッションを経て、共同宣言を発表する。

smart smart fortwo electric drive(画像をクリックすると拡大します)

 現在、同社が実施している試乗体験の狙いは、「次世代自動車の可能性の1つである電気自動車が日本市場でどのように受け入れられるか」を検証することにあった。そこで、「日本で一番初めにスマート電気自動車を乗りたおしたい人」など9つのテーマでリポーターを募集、およそ700人の候補者の中から7人を選んだ(選ばれたのは以下の7人)。

  • 日本で一番初めにスマート電気自動車を乗りたおしたい人
  • スマートフォンをこよなく愛する人
  • 車があれば仕事に行くことができる人(2人)
  • 都内のデートスポットを100カ所以上、スマート電気自動車で訪ねる人
  • スマート過ぎる巨漢
  • 若者の車離れを憂いている人

 彼らが一堂に集まり、smart fortwo electric driveの評価や電気自動車の将来について議論を交わす。このほか、EVサミットでは「震災を経た日本での電気自動車の可能性」「ネットで試乗体験を情報発信することの意味・可能性」なども語られるという。なお、彼らの体験リポートはブログやツイッターでリアルタイムに更新されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集