速報
» 2011年08月19日 16時19分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」夕刊:世界的な信用収縮の動きや景気鈍化懸念から欧米株安を受けて大幅下落 (1/2)

[清水洋介,Business Media 誠]

市況概況

日経平均 8719.24円 ▼ 224.52円
売買高 20億4704万株
売買代金 1兆3629億1300万円
値上がり銘柄 241銘柄
値下がり銘柄 1324銘柄
騰落レシオ 67.57% ▼1.97%

日経平均

世界的な信用収縮の動きや景気鈍化懸念から欧米株安を受けて大幅下落

 欧米株安を受けて売り先行、売り気配から始まる銘柄も多く大幅安の始まりとなりました。寄り付きの売りが一巡となった後は目先筋の買い戻しや為替が円安に振れたことで買い急ぐ向きもあり、戻り歩調となる場面もあったのですが、外国人売買動向(市場筋推計、外資系9社ベース)が大幅売り越しと伝えられたことや為替も介入ではないとされたことから売り直され、週末の手仕舞い売りもあって大幅安水準でのもみ合いとなりました。節目とみられる8800円を割り込むところからは売り急ぐ動きもなく、指数も下げ止まりとなりました。

 後場も引き続き大幅安水準で手掛かり難のなか小動きとなりましたが、改めて売り叩くような売り手もなく指数も下げ渋りとなったことから、買い戻しも入りじりじりと指数も下げ幅縮小となりました。主力銘柄も大きく売られるということでもないのですが、買われるものが少ないという状況で、下げ幅を広げるような材料もない代わりに、買い急ぐだけの材料もないという感じでした。ただ、週末ということで戻りかけるところでは手仕舞い売りやヘッジ売りも多く、最後まで戻りきらず、地震で売り直される場面もあり大幅安となりました。

 小型銘柄も一部インターネット関連銘柄等に高いものはみられるのですが、総じて軟調となりました。東証マザーズ指数、二部株指数、日経ジャスダック平均にジャスダックTOP20と揃って大幅安となりました。先物のもまとまった売り買いは朝方の売り買いが一巡したあとはほとんど見られなかったのですが、ちょっとした売り買いに指数が振らされる場面もありました。ただ、相変らず方向感を持って買われるとか売られるということもなく、指数を方向付けるような動きはありませんでした。

 持高調整の売りも一巡かと思われたのですが再度世界的な景気鈍化懸念もあってリスク許容度の低下が見られ、持高調整の売りも出ていたものと思います。「明日の相場雑感」でも述べたのですが主力銘柄を中心に「普通」に考えると売られ過ぎているような水準まで売られているものも多く、信用収縮の流れが一段落となれば見直し買いも入ると思います。地震で売られた分は下がり過ぎということで、日経平均も何とか節目とみられる8800円水準では下げ渋っているとみてもいいのではないかと思います。

テクニカル分析

日経平均

 転換線に押さえられて下値を試す展開となりました。RSIもストキャスティックスも底値圏から上昇となっており、ここですぐに切り返すようであれば、再度戻りを試す展開になるのでしょうが、ここで切り返さないと下値を試す動きが続くのだと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集