調査リポート
» 2011年08月18日 12時48分 UPDATE

規則改正の揺り戻しでパチスロ機好調、パチンコ機不調に

矢野経済研究所の調査によると、パチンコ関連機器市場は2年ぶりに減少。しかし分野別にみると、パチンコ機市場とパチスロ機市場で明暗が分かれているようだ。

[Business Media 誠]

 矢野経済研究所は8月18日、「パチンコ関連機器市場に関する調査」結果を発表した。それによると、2010年度の市場規模は前年度比3.4%減の1兆3241億円と、2年ぶりに減少したことが分かった。遊技機全体の販売台数も前年度比5.3%減の388万80台と、パチンコホールがここ数年減少し続けている流れを受けて縮小している。

 分野別にみると、最大市場のパチンコ機市場が前年度比10%減の8869億円と大幅に減少したのに対し、パチスロ機市場は同26.9%増の2867億円と明暗が分かれた。矢野経済研究所では「2008年度にパチスロ5号機(従来機より射幸性が低い)への完全移行の余波を受けて、パチスロ関連機器市場が壊滅的に縮小。往時には到底及ばないものの、わずか3年で市場は回復期を迎え、パチンコ関連機器市場が遊技機トレンドに大きく左右されるという性質を如実に現した」とコメントしている。

ah_pati1.jpg パチンコ関連機器の市場規模推移(出典:矢野経済研究所)

 2010年度の特徴として、矢野経済研究所では「パチンコ機、パチスロ機、周辺機器の別にかかわらず、メーカー間の優勝劣敗が鮮明になっている」と指摘。パチンコ機市場では集計対象20社のうち上位5社で市場シェアの70%を占め、パチスロ機市場でも主要24社のうち上位5社で市場シェアの75%を占めている。

 また、パチンコ関連機器では、2006年ごろから設置開始された各台計数機(遊技台ごとに出玉カウントをする設備)の普及が急速に進み、2011年3月時点でパチンコホール全体の2割に迫る導入率となっている。そのため、重たい玉箱を運搬しての計数が不必要となり、人件費の大幅な削減効果が見込まれている一方、玉計数機の売り上げが前年度比36.7%減と大幅に縮小している。

ah_pati2.jpg 遊技機(パチンコ機・パチスロ機)の販売台数の推移(出典:矢野経済研究所)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集