コラム
» 2011年08月10日 08時00分 UPDATE

Wu Yuの中国版“新人類”とうまく付き合う方法:中国人が、“日本バッシング”をするにはワケがある (5/5)

[Wu Yu,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

 しかし、ほとんどの日本人はこの「顔」をさらすというのが苦手です。

 「そんなこと、いちいち言わなくてもジョーシキだろ。だいいち、自分のプライベートな悩みやプレッシャーなんて職場に持ち込むなんてもってのほかだ。そんなもんは仕事が終わってからやれ」

 そんな声が聞こえてきそうですが、中国ではアフター5に同僚や上司と「飲みにケーション」なんて文化はありません。だから、自分の「顔」は酒を飲んで酔っぱらって出すのではなく、あくまで昼間の仕事中に出すのです。

 中国でビジネスをするのなら、そんな「日本の常識」は忘れてください。中国では同僚や商談相手に家族の話をしたり、自分がどんなことを日々考えている人間かという「顔」をみせるのは当然のことなのです。

 もし中国人との関係がぎくしゃくしている方がいたら、ぜひ思い切って自分の「顔」をさらけ出してみてください。今よりもっと距離が縮まって仲良くなれるでしょう。

 この「ささいなボタンのかけ違い」に気をつければ、日中関係は今よりもっとよくなると私は信じています。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -