コラム
» 2011年08月10日 08時00分 UPDATE

Wu Yuの中国版“新人類”とうまく付き合う方法:中国人が、“日本バッシング”をするにはワケがある (3/5)

[Wu Yu,Business Media 誠]

 そのような事実だけを聞くと、「ああ、かわいそうに。反日感情が強いから」なんてAさんに同情するかもしれませんが、実は彼女が中国人から避けられたのは「日本人」だからではなく、「中国人に日本流ビジネス」を押しつけてきたからなのです。

 私と初めて会った際、Aさんは我々にこんなことを言ってきました。

 「これからはみなさんの個人の携帯で24時間対応していただければ、大変助かります」

 “お客様は神様”という考え方をもつ、日本のビジネスパーソンからすれば「そんなのはジョーシキだろ」と思われるかもしれませんが、私たち中国人にはかなり“KY”なもの言いです。前回もお話をしましたが、中国人は仕事とプライベートはきっちり分ける、しかもどちらかといえばプライベートの方を優先するということこそ「常識」だからです。

 まあ、日本からやってきて彼女もがんばらなくてはいけないのだから、それぐらい一生懸命仕事をやれということなのだろう、と軽く考えていた私たちはびっくりしました。

 本当に連日のように24時間対応を求めてきたのです。夜中に携帯で叩き起こされ、「明日の朝8時までにやっておいてください」などと指示されることもしばしば。ビジネスなのだから当然でしょう、と有無を言わせないAさんの態度も、中国人従業員にとってはカチンとくる要因で、気がつくとAさんは中国従業員から「仕事のロボット」と陰口を叩かれるようになってしまいました。

 結局、誰もAさんの仕事をやりたくなり、時間外労働と報酬が見合わないという声がいたるところで噴出。会社としても「Aさんの仕事は受けなくていい」という判断をするまでにいたってしまいました。

 あらためて言うまでもありませんが、このバッシングには「日本人」も「日本企業」も関係ありません。前に述べた日系ラーメンチェーン店同様、単にAさんと中国人の「労働文化」が噛み合なかったことによって引き起こされた誤解なのです。

yd_wu3.jpg 海外では「労働文化」が噛み合わず、トラブルを起こすことがしばしば(写真と本文は関係ありません)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -