ニュース
» 2011年08月09日 17時58分 UPDATE

銀行員、最も年収が高いのはどこ?

銀行員といえば“給与が高い”といったイメージがあるが、実際のところどのくらいもらっているのだろうか。銀行107行の2011年3月期の平均年収は604万9000円であることが、東京商工リサーチの調査で分かった。

[Business Media 誠]

 銀行員といえば“給与が高い”といったイメージがあるが、実際のところどのくらいもらっているのだろうか。銀行107行の2011年3月期の平均年収は604万9000円で、4年ぶりに前年を上回っていることが、東京商工リサーチの調査で分かった。とはいえ、増加額はわずか1000円で、ピークだった2007年3月期からは42万1000円ダウンしている。

yd_bank.jpg 銀行員の平均年収(出典:東京商工リサーチ)

 平均年収が最も多い銀行はどこだろうか。トップは、みずほコーポレート銀行が前年2位から躍進し、830万1000円。2位は前年5位の三菱東京UFJ銀行で795万8000円、3位は同4位の静岡銀行で783万8000円。前年まで2年連続でトップだった新生銀行(770万9000円)は4位へ、同3位のあおぞら銀行(763万6000円)は5位へ、それぞれランクダウンした。

 年収が増えた上位行をみると、トップは池田泉州銀行で57万6000円の増加。2位は阿波銀行(43万9000円増)、3位は愛媛銀行(41万円増)、4位富山銀行(37万3000円増)、5位仙台銀行(36万5000円増)と地方銀行が目立った。一方、減額で最もダウンしたのは2年連続で平均年収トップだった新生銀行で78万2000円。次いで、福邦銀行(68万1000円減)、肥後銀行(49万6000円減)、北海道銀行(43万9000円減)、東京スター銀行(42万3000円減)という結果に。

 ちなみに平均年収が最も低い銀行はどこだろうか。最も低いのは福井県に本店を置く福邦銀行で377万円、次いで佐賀共栄銀行の388万3000円、長崎銀行の397万8000円と続いた。

yd_bank2.jpg (出典:東京商工リサーチ)
banner

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ