ニュース
» 2011年08月08日 17時10分 UPDATE

SKYACTIV搭載の新型「マツダ アクセラ」

マツダは8月8日、次世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を搭載する「マツダ アクセラ」の生産を開始した。新型6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を初搭載する。

[岡田大助,Business Media 誠]

 マツダは8月8日、次世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を搭載する「マツダ アクセラ」(マイナーチェンジ車)の生産を開始した。2リットル直噴エンジン「SKYACTIV-G 2.0」や新型6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を初搭載する。

マツダ マツダ アクセラ(Mazda3、画像をクリックすると拡大します)

 新型アクセラは今秋販売開始を予定する。SKYACTIV-Gエンジンを搭載したデミオと同様、運転操作サポート「インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)」を装備する。

 また、SKYACTIV-DRIVEは、CVTやデュアルクラッチ、ステップATなどの従来のオートマチックトランスミッションの利点を集約し、全域ロックアップによるダイレクト感を向上。燃費面でも4〜7%の向上が見込めるという。

マツダ SKYACTIV-G 2.0(画像をクリックすると拡大します)
マツダ SKYACTIV-DRIVE(画像をクリックすると拡大します)

マツダ (画像をクリックすると拡大します)

関連キーワード

マツダ | 自動車 | エンジン | 燃費 | 新技術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集