連載
» 2011年08月02日 08時00分 UPDATE

城繁幸×赤木智弘「低年収時代よ、こんにちは」(1):どうすればいいのか? 年収300万円時代がやって来る (1/6)

景気低迷などの影響を受け、会社員の給料が下がり続けている。低年収時代に会社員はどのように生きていけばいいのだろうか。この問題について、人事コンサルタントの城繁幸さんとフリーライターの赤木智弘さんが語り合った。

[土肥義則,Business Media 誠]

 会社員の給料が下がり続けている。国税庁の調査によると、1998年以降、給料減に歯止めがかからない状況だ。こうした背景には景気の低迷や人口の減少など、さまざまなことが挙げられるが、会社員はどのように対応していけばいいのだろうか。

yd_taidan1.jpg 会社員の平均年収(横軸は年、出典:年収ラボ「統計元:国税庁 平成21年 民間給与実態統計調査結果」)

 この問題について、人事コンサルタントの城繁幸さんとフリーライターの赤木智弘さんが語り合った。全6回でお送りする。

年収300万円の時代がやって来る

yd_jo6.jpg 城繁幸さん

城:中国をはじめとする新興国のキャッチアップにより、近い将来、サラリーマンの年収は300万円台がスタンダードといった時代がやって来ると思っています。新卒はもちろんのこと、30代や40代でも年収300万円という時代がやってくるでしょう。中国人と同じ成果で、人件費だけ数倍もらえるなんて幸運な時代はもう終わりですから。

 グローバルではない会社では、1990年代に昇給した正社員が残っています。なのでまだまだ年収が高い。しかし徐々に年収は下がっていき、中流家庭の目安は300万円〜360万円くらいになるのではないでしょうか。

 そうなると、これまでの価値観が大きく変わっていくでしょうね。普通であることが普通でなくなる。新しいモデルが生まれてくると思う。そのときに個人が充実した人生を送るために、どんな制度や価値観が必要だと思われますか?

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -