ニュース
» 2011年07月16日 18時05分 UPDATE

スターバックスが日本上陸15周年

2011年8月2日、スターバックスコーヒーは日本進出15周年を迎える。1号店「銀座松屋通り店」を含む銀座エリア6店舗で記念商品を限定発売する。

[岡田大助,Business Media 誠]

 2011年8月2日、スターバックスコーヒーは日本進出15周年を迎える。1号店「銀座松屋通り店」を含む銀座エリア6店舗で記念商品を限定発売する。

 1996年8月2日に、シアトルから上陸したスターバックス。銀座松屋通り店は、北米以外の新市場における初めての店舗だった。その後、2010年度末には国内で912店舗を展開するまでに至る。

 日本進出15周年の限定商品は、「コーヒーボトルGINZA15周年」(ステンレススチール製、340ミリリットル、2600円)と、「エスプレッソブラウニー」(1800円)の2種類。銀座松屋通り店のほか、銀座みゆき通り店、銀座コリドー通り店、銀座マロニエ通り店、東銀座店、銀座ファイブ店で取り扱う。

 また、上記6店舗の先行販売商品として「パイクプレイス スペシャル リザーブ コーヒー豆」(2000円)と、「パイクプレイス スペシャル リザーブ ドリップ コーヒー(Hot)」(Short 300円ほか)、「日本上陸15周年記念スターバックスカードSPECIAL EDITION」を発売する。

スターバックススターバックス 15周年記念限定商品と先行販売商品

 シアトルのパイクプレイスマーケットはスターバックスコーヒーの創業の地。パイクプレイス スペシャル リザーブは、通常、そこにある2店舗でのみで販売されるコーヒーだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集