連載
» 2011年07月12日 11時34分 UPDATE

杉山淳一の+R Style:第51鉄 キハ52と保存車両とホタルトレイン――房総横断ローカル線紀行(後編) (1/6)

東京から日帰りできる房総半島横断の旅、後編はいすみ鉄道を遊びつくす。キハ52、スナフキンの家、大多喜城、秘密の場所でホタル見学……ローカル線の魅力を満喫しよう。

[杉山淳一,Business Media 誠]

 東京から日帰りできる房総半島横断ローカル線の旅、後編はいすみ鉄道を遊びつくす。昭和の名優キハに乗車して横断完了。でも、とんぼ返りして大多喜城を見物。保存車両を見物しに行き、ホタル観賞で締めくくった。

 →小湊鐵道と養老渓谷とわらじトンカツ――房総横断ローカル線紀行(前編)

map 今回のルート。ここをクリックすると筆者による各ポイントについての説明が読める

いすみ鉄道名物「キハ52」

 デンタルサポート大多喜駅に鉄道ファンや家族連れが集まっている。お目当ては13:45発の急行3号、旧国鉄のキハ52形ディーゼルカーだ。1960年代から全国の国鉄ローカル線で活躍し、老朽化で次々と廃車された。2010年の夏までJR西日本の大糸線で使われ、稀少価値と懐かしさから全国の鉄道ファンの人気を集めていた。そのキハ52をいすみ鉄道が譲受した。鉄道自体に「名物」がない同社にとって、活性化の切り札というわけだ。

ay_01.jpg いすみ鉄道で活躍しているキハ52形。JR西日本時代はブルーとクリーム色の「スカ色塗装」だったけれど、整備に当たって旧国鉄の一般型塗装にお色直しした
ay_02.jpg ムーミン列車とキハ52、新旧ディーゼルカーの競演。デンタルサポート大多喜駅にて

 しかし鉄道ファン以外の人にとって、キハ52形は“古臭いディーゼルカー”だ。SLほど一般の人に分かりやすい車両ではない。しかも、いすみ鉄道は1988年製のディーゼルカーを廃止して、それより20年以上も古い1965年製の車両を導入したわけで、妙なことをする会社だと思った人も多かったに違いない。ところがいすみ鉄道の目論見は当たった。キハ52は鉄道ファンだけでなく、昭和時代のノスタルジーを感じさせるシンボルとして、観光客を引き寄せている。ホームに入ると、カメラを片手に忙しく動きまわる鉄道ファンと、お酒やおつまみを抱えて談笑する年配のグループがいた。

ay_03.jpg キハ52の車内。JR西日本時代の現況を保存している。クロスシートの約半分は指定席
ay_04.jpg
ay_05.jpg なかなか気づかないけれど、車内中吊り広告も高度成長期の雰囲気を残している。ソニーのテレビは今とまったく形が違うし、週刊現代は40円だ
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news121.jpg
需要拡大に対応:
news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -