ニュース
» 2011年07月09日 14時16分 UPDATE

世界最高効率の超コンパクトEV「T.27 City Car」 (1/3)

究極のロードカー「マクラーレンF1」の設計者ゴードン・マーレイによる「T.27 City Car」は、世界最高効率をうたう超コンパクトEVだ。

[日岐まほろ,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 究極のロードカー「マクラーレンF1」の設計者として知られるゴードン・マーレイ。その彼が今、効率を徹底的に追求した究極のコンパクトカーの開発に取り組んでいる。先日発表された「T.27 City Car」は、その活動から発展した世界最高効率をうたう超コンパクトEVだ。

エキサイトイズム T.27 City Car

 ゴードン・マーレイは2005年、自身が率いるデザインスタジオ「ゴードン・マーレイ・デザイン」を設立。最先端のテクノロジーを取り入れたプロトタイプカーや、先進的モビリティの研究開発を続けている。2007年からはマイクロコンパクトカー(マーレイ自身は「1993年よりアイデアを持っていた」という)の開発をスタート。2010年に2.5×1.3×1.6メートル(全長×全幅×全高)いうごく小さなボディに小排気量のガソリンエンジンを載せた「T.25 City Car」を発表するに至っている。

エキサイトイズム ゴードン・マーレイ氏

 ゴードン・マーレイ氏は1970年〜1990年代にかけ「ブラバム」「マクラーレン」といった名門F1チームのF1マシン設計を担当。画期的なアイデアを取り入れながら数々の名マシンを送り出した。彼の設計したマシンのステアリングを握るドライバーからF1王者が生まれ、また在籍チームにも数度の製造者タイトルをもたらしている。

 多くの栄光を手にした彼はその後、マクラーレンの市販車開発プロジェクトに移籍。究極のロードカー「マクラーレンF1」を設計した。2005年「ゴードン・マーレイ・デザイン」設立。現在T.27 City Carに引き続き、低価格な燃料電池自動車の開発にも着手している。

 初代スマートよりも小さなT.25 City Carだが、室内には大人3名の乗車が可能だ。それを可能とした1つのアイデアが、センタードライバーズシートというレイアウトだ。

エキサイトイズム
エキサイトイズム

 左右ホイールの中央に運転席を配置し、その後方左右にもう2名分の乗車スペースを確保するT.25 City Carの手法は、まさにかつてマレーが設計したマクラーレンF1そのもの。おかげでこれほどコンパクトなボディにも関わらず、同乗者のレッグスペースは2クラス以上サイズの大きいBセグメントクラスのコンパクトカーのそれよりも余裕のあるものとなっているという。「T.27 City Car」は、このT.25をベースとするEVだ。

エキサイトイズム T.25 City Car
       1|2|3 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集