ニュース
» 2011年07月08日 11時29分 UPDATE

アートバーゼル42 現地レポート (1/5)

世界中のアートコレクターやキュレーターが最も注目するアートフェアであり、コンテンポラリーアート界の一大イベントとなっているアートバーゼルを現地レポ!

[土田貴宏,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 世界中のアートコレクターやキュレーターが最も注目するアートフェアであり、コンテンポラリーアート界の一大イベントとなっているアートバーゼルが、6月15日から19日までスイスのバーゼルで開催された。35カ国から約300の選りすぐりのギャラリーが出展し、2500名ものアーティストの作品が扱われたという。第42回目となった今年の入場者数は2010年を上回り、過去最高の6万5000人以上。正式な売上総額などは公表されないが、セールス面も好調だったようだ。

エキサイトイズム Art Basel / Art Unlimited - Etienne Chambaud│Sies + Hoke, Dusseldorf

 アートバーゼルというと、数千万円のアートが富裕層のコレクターたちによって次々と買われていく場、というイメージが強いかもしれない。ただし実際は、そんな美術館クラスの作品が無数に並ぶ一方で、十万円台〜数十万円ほどの写真やエディション作品を扱うギャラリーも多くある。

 もちろん何も買わなくても、それぞれのギャラリーが推す多様な作品を眺めるだけで十分に楽しい。アートバーゼルのサイト経由で無料のアプリをダウンロードすれば、どのギャラリーがどんなアーティストを扱っているかも簡単に分かる。入場券は1日券39スイスフランほか。

エキサイトイズム Art Basel / Art Unlimited - David Zink Yi │Hauser & Wirth, Zurich; Johann Konig, Berlin

 5月からパリのグランパレで行われた展示が大評判となったアニッシュ・カプーアは、今年のアートバーゼルで最も存在感のあったアーティストに違いない。

エキサイトイズム

 美しい天然石アラバスターが素材の新作彫刻はニューヨークのGladstone Gallery、ゴールドの彫刻はロンドンの名門Lisson Galleryが出品。巨大な立体作品や映像作品が展示されるスペースArt Unlimitedでは、Galleria Massimo Mininiがロウを使った2008年発表の作品「Push - Pull」を展示した。

エキサイトイズム
エキサイトイズム Art Basel / Art Unlimited - Galleria Massimo Minini
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -