コラム
» 2011年07月06日 08時00分 UPDATE

“ボールを持っていない時の考え方”であなたの能力は決まる (1/2)

現実の自分は何かと迷い、悩み、揺らぐものである。そうした時、自分を導いてくれるのはほかならぬ理想の自分、目的を覚知した自分、全体を冷静に俯瞰する自分である。心理学ではそれを「メタ認知」といい、世阿弥は「離見の見」と言った。

[村山昇,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:村山昇(むらやま・のぼる)

キャリア・ポートレート コンサルティング代表。企業・団体の従業員・職員を対象に「プロフェッショナルシップ研修」(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)を行なう。「キャリアの自画像(ポートレート)」を描くマネジメントツールや「レゴブロック」を用いたゲーム研修、就労観の傾向性診断「キャリアMQ」をコア商品とする。プロ論・キャリア論を教えるのではなく、「働くこと・仕事の本質」を理解させ、腹底にジーンと効くプログラムを志向している。


 故・長沼健さんは、往年のサッカーファンなら誰しも知る日本代表選手であり、日本サッカー協会会長としても活躍された方である。その長沼さんが書かれた『11人のなかの1人―サッカーに学ぶ集団の論理』(日本生産性本部)の中に、「ボールから一番遠い時、何を考え何をしているか」という一節がある。――。

 「1試合で1人の選手がボールに直接関係している時間は、合計してもわずか2分か3分と言われている。1試合が90分だから、ボールに関係していない時間が87分から88分という計算になる。

 ボールに直接関係している時は、世界のトップ・クラスの選手も、小学校のチビッコ選手も同じように緊張し集中している。技術の上下はあっても、真剣であることに変わりはない。

 ボールに直接関係していない時間の集中力が、トップ・クラスの連中はすごいのだ。逆に言えば、ボールに直接関係していないときの集中力のおかげで、いざボールに関係する時の優位を占めることができるし、持っている技術や体力が光を帯びることになるわけである。

 サッカー選手の質の良否を見分ける方法は比較的簡単だ。ボールから遠い位置にいる時、何を考え、どういう行動をとるかを見れば、ほぼその選手の能力は判断できる」

自分を一段高いところから観察

 ところで、心理学の研究テーマの1つに「メタ認知」がある。メタ認知とは、自分が認知していることを認知することで、現実に考え行動している自分を、もう1人の自分が一段高いところから観察することを言う。

 世阿弥は約600年前に「離見の見」(りけんのけん)・「目前心後」(もくぜんしんご)と言った。つまり、能をうまく舞うためには、「舞台を俯瞰(ふかん)できる場所に(想像上の)視点を置き、自分自身の舞いを客観的に眺めよ」「目は前を見ているが、心は後ろに構えておけ」と指南するのだ。優れた舞いは、現実に舞っている自分と、それを監視し冷静にコントロールするもう1人の自分との共同でなされるという奥義である。世阿弥の伝えたことが、今日の心理学でいうメタ認知にほかならない。

 メタ認知は、実は日ごろの仕事現場にも不可欠な能力である。例えば、会議や商談などで「空気を読んで」適切な発言をすること。これができるには、その場の状況の流れを客観的な位置から感じ取るメタ認知能力が必要になる。

 また、何か悪い出来事やストレス負荷のかかる状況に接した時、それをネガティブな思考回路にくぐらせず、ポジティブな解釈で対処するのもメタ認知レベルの作業である。

 さらには、他社の成功事例から学ぶケーススタディは、その本質の部分を抽出して、自社に応用するという抽象化思考を行っているわけだが、これもメタ認知活動の1つである。同様に、いま流行のクリティカル・シンキング(批判的思考)も、視点を一段上げ、そこから情報の矛盾や真偽を明らかにしていくという点でメタ認知的である。

 私はみずから行っているキャリア教育プログラムの中で、「セルフ・リーダーシップ」というセクションを設けている。セルフ・リーダーシップとは、みずからがみずからを導くことであるが、これを説明するのに私は、「現実の世界で迷い、悩み、揺らぐ自分を、大いなる目的を覚知したもう1人の自分が導く状態」としてきた。これはまさに、セルフ・リーダーシップのためにはメタ認知能力が不可欠であることを言っている。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ