コラム
» 2011年06月29日 08時00分 UPDATE

管理職の評価基準はコロコロ“変える”べき (1/2)

経営のスピードが早くなっているだけでなく、リーマン・ショックや東日本大震災など経営にかかわる大きな出来事も頻発している昨今。そんな状況に対応するために、管理職の評価基準は常に変化させるべきだと筆者は説く。

[川口雅裕,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール

川口雅裕(かわぐち・まさひろ)

イニシアチブ・パートナーズ代表。京都大学教育学部卒業後、1988年にリクルートコスモス(現コスモスイニシア)入社。人事部門で組織人事・制度設計・労務管理・採用・教育研修などに携わったのち、経営企画室で広報(メディア対応・IR)および経営企画を担当。2003年より株式会社マングローブ取締役・関西支社長。2010年1月にイニシアチブ・パートナーズを設立。ブログ「関西の人事コンサルタントのブログ


 “優しい人”は、管理職として評価されやすい。部下の言動や仕事の結果に対して寛容であるし、各々の仕事の状況などに配慮して仕事量を調節し、できる範囲の納期を設定してくれる。前例や慣習やルールにないような発想・取り組み・進め方を発表して、混乱を招くようなことはしない。メンバーが安心し、秩序ある仕事ができるように組織を運営しているのだから、たいていの場合、良い評価がなされる。

 “楽しい人”も、管理職として評価されやすい。自ら盛り上げたり、部下の言動に対する反応が絶妙であったりして、部署が和やかで楽しい雰囲気になっている。他部署や経営幹部に対して、フレンドリーなイイ雰囲気で会話をしていて多くの人に好かれている。周囲とは異なる主張を述べて、軋轢(あつれき)を起こしたり、雰囲気を悪くしてしまったりはしない。こうしてみんなからの好感を得ているのだから、たいていの場合、良い評価がなされる。

 “しっかりした人”も、管理職として評価されやすい。新しい情報や企画がある、何か提案が持ち込まれたときには、リスクを検証し、ミスや失敗をしてしまわないようにしてくれる。独断や先行、試みや挑戦は視野にもなく、関係者全員と漏れなく入念に打ち合わせ、上司にも細部まで了解をとりつけた上で丁寧に実行する。上からも周囲からも部下からも安心に感じるし、失敗しないので、たいていの場合は良い評価がなされる。

 『評価基準』的な記述をすれば、「部下への目配りや配慮ができる」「各々の業務の状況を踏まえて安定した組織運営ができる」「社内に広く人望がある」「誰とでも生き生きと、自然体でコミュニケーションがとれる」「リスクを見通しながら、検討・実行できる」「関係者に、必要十分な報連相を行っている」といったことになる。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ