連載
» 2011年06月21日 08時00分 UPDATE

コンビニ、ヒット商品の理由:“朝専用”で缶コーヒー戦争に革命――アサヒ飲料「WONDA モーニングショット」 (2/2)

[笠井清志,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

近年は“点”から“面”の展開へ

 ただ、近年は「モーニングショット」による「朝専用」のイメージ1本から、WONDAブランドとして展開するような広告戦略に変更してきている。サザンオールスターズの桑田佳祐さんやAKB48を起用した広告に切り替えて、イメージのリセットを図っているのだ。

 「モーニングショット」という主力1商品による“点”の展開から、「金の微糖」「ゼロマックス プレミアム」「ブラックワンダ」などWONDAブランド全体の“面”での展開を意識しているということなのだろう。

著者プロフィール:笠井清志

ah_kasai.jpg

JR東日本リテールネット・コンビニエンス営業部長。ゼネコン、コンビニチェーン本部、コンサルティング会社を経て現職。小売業・サービス業を中心に多店舗展開チェーン(特に駅ナカ・空港等の限定商圏マーケティング)を中心に活動。NEWDAYSが2007年度から3年連続で1店舗平均日商でセブン-イレブンを抜いた実績のサポートを行う。月刊コンビニ(商業界)での執筆、海外メディア「Financial Times」等取材実績多数。著書に『コンビニのしくみ』(同文館出版)や『よくわかるこれからのスーパーバイザー』(どちらも同文館出版)がある。経営相談・講演・執筆等の依頼はこちら(kiyoshi1025@gmail.com)まで。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -