ニュース
» 2011年06月16日 21時33分 UPDATE

レッドブルレーシング仕様のメタルウオッチ「EDIFICE」 (1/2)

カシオ計算機は、メタルウオッチ「EDIFICE」で、F1レッドブルレーシングとのコラボレーションモデル「EF-565RBJ」を7月1日に発売する。価格は3万3600円。

[岡田大助,Business Media 誠]
EDIFICE EF-565RBJ(出典:カシオ計算機)

 カシオ計算機は、メタルウオッチ「EDIFICE」で、F1レッドブルレーシングとのコラボレーションモデル「EF-565RBJ」を7月1日に発売する。価格は、3万3600円。

 2009年から、レッドブルレーシングをスポンサードしている同社。2011年版のコラボモデルでは、チームカラーのブルーを9時位置に配置した24時間計のディスク針に、レッドを目盛りや秒針の先端に使った。

 また、立体的な多層文字盤やベゼルには、レースシーンでおなじみの素材となったカーボンファイバーを採用。4時位置にはレッドブルレーシングのチームロゴをあしらう。

 なお、2011年シーズンを戦う「RB7」やドライバーのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの写真入りスタンドと、時計展示用のスタンドがセットになった専用ボックスが付属する。

EDIFICE (出典:カシオ計算機)

 サイズは49×45.5×13.1ミリ(縦×横×厚さ)、重さは約177グラム。主な機能は10気圧防水、日付表示、1/100秒計測のストップウオッチなど。

レッドブルのショーランチームスタッフも身に着けている

 6月6日、本製品の発売記念イベントが新宿駅東口の新宿ステーションスクエアで開催された。会場には、幕張や横浜でチャリティ走行を行ったRB7やショーランチームが登場。

 ショーランチームのスタッフは、「美しくて、レーシングカーを連想させるデザインだ」「良い腕時計を着けていると、レースにもきっと良い影響があるだろう」「高度な技術が使われているところが、F1のエンジンと似ている」など、EF-565RBJを評価する。

EDIFICEEDIFICE 新宿東口に集まった人々(左)、ショーランチームの3人(右)

 また、ドライバーを務めたセバスチャン・ブエミはカナダグランプリのため離日してしまったが、2009年シーズンまでF1を戦っていた中嶋一貴さんがゲストとして招かれた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集