ニュース
» 2011年06月15日 07時33分 UPDATE

まとめ読み!誠 PDF:就活中のみなさん、「志望動機」の書き方教えます

読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は時事日想で連載している吉田典史さんの記事をまとめました。

[Business Media 誠]

 面白いと思った特集や連載を、まとめて読みたいと思ったことはありませんか? 「まとめ読み!誠 PDF」は、注目を集めた特集や連載を、まとめて読めるPDFファイルに再編集。1度ダウンロードすれば、気になる記事をいつでも読むことができます。

 以下「『自己紹介』の練り直しで、就活を大逆転しよう」(2011年3月25日)の冒頭部分を再掲します。「まとめ読み!誠 PDF」をダウンロードすると、吉田典史さんの記事をまとめて読むことができます。

「自己紹介」を効果的に

 東北地方を中心とした大地震の影響により、新卒の採用試験の日程を遅らせる企業が現れた。ただ、これは就職活動の準備が遅れている学生からすると、対策をするための時間ができたとも言えるかもしれない。

 私は専門学校で大手マスコミに入ろうとする大学生を相手に、エントリや作文などの書き方を教えている。その経験をもとに言えば、新卒の場合は面接やエントリで集中的に問われるのが「自己紹介」と「志望動機」だ。

 この2つのレベルがほかの学生より高いなら、内定になる可能性が高い。だが、毎年、7〜8割の学生が「志望動機」を苦手としている。率直なところ、「志望動機」は“競い合う”というレベルには達していない場合が多い。

 そこで今回は得点源とすべき「自己紹介」について私の考えを述べたい。ここで大きく差をつけることができれば、競争倍率の低い企業なら内定を得る可能性が高くなる。もちろん、学生が殺到する人気企業は、「志望動機」も一定水準に達していないと内定は難しい。

 まず、就職活動における「自己紹介」を会社に効果的に伝えるためには、次のような公式をおさえることが必要だ。

(1)結論(自分はこんな力を持っている)

(2)結論を導いた根拠(エピソード、経験、具体的な事実)

(3)その経験でつかんだこと、学んだこと(1と微妙に重なり合う)

(4)それをこんな具合に生かしていきたいので、貴社に応募した

 まず1だが、ビジネスの現場では結論から書いたり、話をしたりするのがセオリーだ。模擬面接に面接官として立ち会うと、8割ほどの学生が2の「経験」から話す。これは避けた方がいい。いきなり経験を話すと、面接官らは判断がなかなかできない。(続きは「まとめ読み!誠 PDF」で

「まとめ読み!誠 PDF」のダウンロードはこちらから

 →就活中のみなさん、『志望動機』の書き方教えますをダウンロードする。


  • まとめ読み!誠 PDFはPDFファイルで作成しています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です(無償)
  • まとめ読み!誠 PDFのダウンロードは無償ですが、アイティメディアIDへの登録が必要です。登録していない場合や、登録済みの情報に不足がある場合、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面に移動しますので、登録をお願いします。
  • まとめ読み!誠 PDFは、すでに掲載した記事をまとめたものです。記事掲載時点の情報にて記述していますので、一部の表現が現状にそぐわない可能性がございますが、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集