ニュース
» 2011年06月13日 16時19分 UPDATE

トヨタ、EVを使ったマンション向けカーシェアリングを模索

トヨタは、将来のクルマのあり方につながる新しい利用法の1つとして、プラグインハイブリッドカーや電気自動車を使ったカーシェアリングを実施する。東京と名古屋のマンション3棟が対象。

[岡田大助,Business Media 誠]

 トヨタ自動車は、プラグインハイブリッドカーや電気自動車を使ったマンション向けカーシェアリングを2012年春から実施する。利用料金などの詳細は今後詰める予定。パートナーには、野村不動産や大京、トヨタホームが加わる。

プリウス プリウスプラグインハイブリッド(出典:トヨタ自動車)

 対象となるのは、東京都で計画中の「プラウド駒場(東京都目黒区、総戸数223戸)」「プラウド杉並和田(東京都杉並区、総戸数133戸)」、愛知県で計画中の「ヴィラス星ヶ丘の森(名古屋市名東区、総戸数278戸)」の3棟。1棟あたり2台、合計6台のプリウスプラグインハイブリッドと電気自動車を配備する。

 プリウスプラグインハイブリッドは、家庭用電源から充電できるのが特徴で、満充電状態で23.4キロのEV走行が可能。2012年初めに市販が予定されている。一方、電気自動車はiQをベースにしたモデルを開発中だ。こちらは近距離移動に適したクルマと位置付け、航続距離105キロを予定する。

iQ iQ記者発表。デザイナー、サイモンハンフリーズによるプレゼンテーションの様子(出典:トヨタ自動車)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集