連載
» 2011年06月13日 15時22分 UPDATE

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:「弾けるような」走りと速さ――メルセデス・ベンツSLS AMG (1/3)

メルセデス・ベンツ 300SLから「ガルウイング」というアイコンを受け継いだSLS AMG。スーパースポーツカーとして、徹底的に基本性能にこだわっています。

[岡崎宏司,LUXURY TV]
LUXURY TV

著者紹介:岡崎 宏司(オカザキ コウジ)

okazaki.jpg

1940年東京生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業。文化的側面からクルマを斬る自動車評論家。輸入車がレアだった45年以上前に、「旅行に行くから」と言って借りた、父のノーマルのベンツでラリーに出場し、優勝したという、やんちゃな過去も。

※この記事は、LUXURY TVより転載しています。


 メルセデス・ベンツ 300SLガルウィング。長い自動車史の中でも、もっとも輝いたクルマの1台です。そんな、クルマのアイコンを受け継ぎ、今の時代に復活させたのがSLS AMG。アイコンとは、もちろんカモメの翼「ガルウィング」のことです。

岡崎宏司 ガルウィングドア。文字どおりカモメが翼を開いたようなドアです。開閉はコツさえ分かれば簡単です。注目度は非常に高いので、開閉と乗り降りをスマートにこなすことは重要です

 そして、まさに“長大な”という表現がピッタリのノーズには、571馬力/650ニュートンメートルを発生する、6.2リットルV8のAMGユニットが積み込まれています。それも長いノーズのず〜っと後方、運転席直前に……。

 さらに7速DCT(デュアルクラッチ式トランスミッション)は後輪の前、つまりトランスアクスル方式にしたことで、43:57というFR車としては異例の重量配分を実現しています。もちろん、トラクション性能を高めるためです。

岡崎宏司 赤と黒、カーボンパネル。刺激的なトリムです。前方視界がよく、車両感覚がつかみやすいので、運転のしやすさも文句なしです
岡崎宏司 センターコンソールはカーボン製、走行中のギアシフトはパドルで行います
       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2014 PLOTS Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集