ニュース
» 2011年06月08日 19時17分 UPDATE

バーチャルコーデからCHARALOIDまで――写真で見るデジタルサイネージジャパン 2011

千葉市の幕張メッセで、デジタルサイネージに関連する製品や企業の取り組みなどを紹介する「デジタルサイネージジャパン 2011」が6月8日から開催されている。最新の商品やサービスの展示が行われているが、その一部を写真でご紹介する。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 デジタルサイネージ(電子看板、参照リンク)に関連する製品や企業の取り組みなどを紹介する「デジタルサイネージジャパン 2011」(主催:デジタルサイネージ ジャパン 2011実行委員会、後援:総務省、経済産業省など)が6月8日、千葉県千葉市の幕張メッセで開幕した。2008年のプレビュー開催から数えて、今年で4回目。入場料は3000円だが、Webで事前登録をすることで無料となる。 開催期間は6月10日まで。

 最新の商品やサービスの展示が行われるほか、デジタルサイネージに関わるさまざまなイベントも開催された。公募した国内のデジタルサイネージ作品の中から、優秀な作品を表彰する「DIGITALSIGNAGE AWARD2011」の授賞式が8日に行われ、最優秀賞にあたるゴールド賞にはNTT東日本の「東京サイネージ」が選ばれた。社内用のデジタルサイネージで、400台のディスプレイで1万人の社員がリアルタイムに情報共有できるという。

 9日には、慶應義塾大学の中村伊知哉教授やシャープの高森仁志氏、日本電信電話の伊能美和子氏らがパネリストとなって「災害時対応と節電対策」と題したシンポジウムを行う。

ah_dezi1.jpgah_dezi2.jpg シャープブースで展示している大型デジタルサイネージ。さまざまな画像が切り替わっていく

ah_dezi3.jpgah_dezi4.jpg ニッセンのアパレルショップで利用されている「バーチャルコーデ」。タッチパネルで服装を選ぶと、画面内のキャラクターが着替える(左)、iPad版も提供している(右)

ah_dezi5.jpgah_dezi6.jpg ORCAの展示。絵本の幻想的な雰囲気を表現するため、液晶パネルにタッチパネル機能を加え、背後に空間を配置した

ah_dezi7.jpgah_dezi8.jpg インテルの店舗向けデジタルサイネージ。カメラが手の動きを感知し、その動きによってディスプレイを操作できる

ah_dezi9.jpgah_dezi10.jpg 大日本印刷が2年前から提供している「バーチャルマネキン」。プロジェクターで動画を投影することで、その場に本人がいるような演出ができる(左)、今年からは、テキスト入力した台本に合わせて音声を生成、CGキャラクターが話しているようにみえる人型サイネージ「CHARALOID」も提供(右)

ah_dezi11.jpgah_dezi12.jpg セガが11月にリリースする予定のトイレッツ。尿の量を競うゲームができるほか、店の広告なども流せる。現在、養老乃瀧 池袋南口店にテスト設置している

ah_dezi13.jpgah_dezi14.jpg ハッシュタグ「#dsj2011」をつけてTwitterでつぶやくと、会場内のディスプレイに表示されるといった試みも行っている

関連キーワード

デジタルサイネージ | 2011


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集