ニュース
» 2011年05月31日 16時41分 UPDATE

今夏はチノパンとポロシャツで――ユニクロのスーパークールビズ

ユニクロは5月31日、「ユニクロのスーパークールビズ」発表会を開催。「涼しくて、べたつかない」ことを重視し、三菱東京UFJ銀行や全日本空輸など、会社に応じた服装を提案した。

[Business Media 誠]

 ユニクロは5月31日、「ユニクロのスーパークールビズ」発表会を開催。「涼しくて、べたつかない」ことを重視した、今夏のワーキングスタイルを提案した。

 福島第一原発の事故などによる電力不足を受け、経済産業省では東京電力や東北電力管内で15%の節電目標を定めた。それに伴い、環境省では「28℃の室温設定」「ノー上着の奨励」「断熱材の利用」といった従来のクールビズから一歩踏み込んだ、「さらなる軽装の奨励」「勤務時間の朝型シフト」という「スーパークールビズ」を提唱している。

 スーパークールビズのコーディネイトを考える上で、ユニクロでは首都圏のビジネスパーソンにアンケートを実施。その結果、「今年の夏のオフィスの室温の高さが不安」という人が84.0%を占めていることが判明。また、チノパンやポロシャツなどをクールビズとして取り入れたいという需要が昨年より大きく増加していることも明らかになった。

 ユニクロの大笘(おおとま) 直樹上席執行役員は、「従来のクールビズは職場を中心としていたが、今年は家庭も加わっており、衣料品業界の人間にとってはチャンスと考えている。例年、クールビズ商品の売り上げは6月から伸びてくるが、今年は4月下旬くらいから伸びてきている」とコメントした。

ah_kuru0.jpg チノパンやポロシャツなどの導入意向が高まっているという

一般企業社員がモデルとなって登場

 発表会では三菱東京UFJ銀行や全日本空輸など、会社に応じた服装を提案。それぞれの会社の社員が実際にモデルとなって登場し、コーディネイトの感想を語った。

ah_kuru1.jpgah_kuru2.jpg 三菱東京UFJ銀行の名取孝一さんはボタンダウンシャツにチノパン。銀行という堅めの職場なので、定番のスタイルを意識した(左)、全日本空輸の苅田龍太朗さん。プレミアムリネンのシャツとジャケットで、若々しさを前面に出した(右)

ah_kuru3.jpgah_kuru4.jpg 森永製菓の西川憲之さん。「森永製菓ではポロシャツが禁止だが、このまま会社に帰って認めてもらえるよう話し合いたい」とコメントして会場の笑いを誘った(左)、ドミノ・ピザ ジャパンの前里優介さん。ドミノ・ピザの制服にチノハーフパンツとシルキードライのTシャツを合わせた(右)

 従来のクールビズでは男性向けが中心だったが、同社では女性向けにもキャミソールやタンクトップとブラジャーを一体化したブラトップや、紫外線をカットするシャツやカットソーなども売り込んでいくという。海外の店舗でも、クールビズと同様のスタイルを提案する予定としている。

関連キーワード

クールビズ | ユニクロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集