ニュース
» 2011年05月31日 14時41分 UPDATE

クジラのG-SHOCK、イルカのBaby-G

カシオ計算機は、G-SHOCKとBaby-Gの新製品「イルカ・クジラエコリサーチネットワーク」モデルを6月25日に発売する。価格は2万4150円と2万2050円

[岡田大助,Business Media 誠]

 カシオ計算機は5月31日、G-SHOCKとBaby-Gの新製品「イルカ・クジラエコリサーチネットワーク」モデルを発表した。価格は、G-SHOCK「GW-6900K」が2万4150円、Baby-G「BGR-3003K」が2万2050円、6月25日に発売予定だ。

G-SHOCKBaby-G G-SHOCK「GW-6900K」とBaby-G「BGR-3003K」

 イルカ・クジラエコリサーチネットワークは、世界各地のイルカ・クジラ関連団体が協力して、イルカやクジラ、それらを取り巻く自然環境に関する知識を提供し、理解を深める研究・教育プロジェクトだ。

G-SHOCK

 日本からは、アイサーチ・ジャパン(国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター)が参画しており、「知る」「会いに行く」「大切にする」という3ステップで活動している。本製品の売上の一部は、アイサーチ・ジャパンに寄付される。

 「イルカ・クジラエコリサーチネットワーク」モデルの投入は、今回で17回目。海をイメージした青いバンドと波しぶきをイメージした白いケースというデザインになった。バンドには「LOVE THE SEA AND THE EARTH」というメッセージがプリントされ、それを具現化したシンボルマークを裏蓋に刻印した。

 どちらのモデルも、20気圧防水性能を備え、太陽光で駆動する「タフソーラー」、世界6局の標準電波を受信する「マルチバンド6」を搭載する。

スケルトンバンドのG-SHOCK「GW-6900K」

 GW-6900Kのベースモデルは、G-SHOCKの定番モデルの1つである「GW-6900」。バンドは、青い海をイメージしてスケルトン素材を採用した。また、フロントボタンやELバックライトには、ジャンプするクジラのイラストを描く。サイズは53.2×50×17.7ミリ(縦×横×厚さ)、重さは約63グラム。

ブルー×ホワイト×レッドのBaby-G「BGR-3003K」

 BGR-3003Kは、文字盤の周りを囲むラインにレッドを採用してマリンテイストに。バンドとELバックライトにはイルカのイラストを描いた。サイズは40.9×40×12.9ミリ(縦×横×厚さ)、重さは約38グラム。

関連キーワード

カシオ計算機 | G-SHOCK | イルカ | クジラ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集