ニュース
» 2011年05月30日 14時40分 UPDATE

フォトリポート:あの幻のマシンやリアルマリオカートも! 「ノスタルジックカーショー2011」

幻のモンスターマシンや10万円の「リアルマリオカート」などなど、さまざまな名車が集まった「ノスタルジックカーショー2011」をリポートします。

[山本恵太,ITmedia]

 5月28〜29日、東京ビッグサイトで「ノスタルジックカーショー2011」が開催されました。「復元は文化だ」をメインテーマに、名車の数々が集まりました。

ky_car_0530_0.jpg

幻のマシン

 イベントの目玉は「桜井眞一郎の世界展」。1月に亡くなった「スカイラインの父」桜井眞一郎氏を追悼して、日産自動車の特別協力で同氏が手がけたレーシングカーが展示されました。

ky_car_0530_4.jpgky_car_0530_5.jpgky_car_0530_6.jpg 左から「ニッサンR380-II改」、「ニッサンR381('68日本GP優勝)」、「ニッサンR382('69日本GP優勝)」

 注目は700馬力以上と言われたモンスターマシン「ニッサンR383」。1970年の日本グランプリ用に開発されたものですが、グランプリが中止になりお蔵入りとなったため、幻のマシンと呼ばれています。

ky_car_0530_1.jpgky_car_0530_3.jpgky_car_0530_2.jpg

リアルマリオカート

ky_car_0530_37.jpgky_car_0530_38.jpgky_car_0530_39.jpg

 スーパーマリオのコスプレで奈良市内を駆け回り、子どもらに交通安全を呼び掛けている今中聡さんたちが乗るミニカーも展示されていました。一般向けの販売も行っていて、お値段は約10万円です(写真右)。

オート三輪消防車

ky_car_0530_7.jpgky_car_0530_8.jpgky_car_0530_9.jpg 長野県上田市の「1955年式オート三輪消防車復活プロジェクト」で復活した消防車。走行だけでなく放水もできるようになっています

トロピカルなランボルギーニ

 会場でひときわ人目を引いていたのが、「ランボルギーニ ディアブロ ロードスター」の“トロピカル号”。ハンドルがスワロフスキーのクリスタルガラスで大変なことになっています。あの勇ましいエンブレムからはほど遠いかわいさ。YouTubeにラッピングの作業風景が公開されていましたので、紹介しておきます。どうしてこうなった……。

ky_car_0530_41.jpgky_car_0530_42.jpgky_car_0530_40.jpg

 ノスタルジックカーショー2011は6月11〜12日に名古屋でも開催されます

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集