コラム
» 2011年05月30日 08時00分 UPDATE

藤田正美の時事日想:さすがにこれは見過ごせない――民主党のありえない話 (1/2)

民主党政権は発足当初から、いろいろおかしなことがあった。あまりにもたくさんあるので、いまさら「変だ!」と訴えても野暮かもしれないが、今回の原発事故を巡ってさすがに見過ごせないドタバタ劇があった。それは……。

[藤田正美,Business Media 誠]

著者プロフィール:藤田正美

「ニューズウィーク日本版」元編集長。東京大学経済学部卒業後、「週刊東洋経済」の記者・編集者として14年間の経験を積む。1985年に「よりグローバルな視点」を求めて「ニューズウィーク日本版」創刊プロジェクトに参加。1994年〜2000年に同誌編集長、2001年〜2004年3月に同誌編集主幹を勤める。2004年4月からはフリーランスとして、インターネットを中心にコラムを執筆するほか、テレビにコメンテーターとして出演。ブログ「藤田正美の世の中まるごと“Observer”


 民主党政権は、2009年秋の発足当初からいろいろおかしなところがある。あまりに多すぎていまさら「変だ」などと怒るのも野暮かもしれないが、さすがにこれは見過ごせない。

 3月12日の夕方、水素爆発を起こした1号機の原子炉を冷却するために海水を注入していたのに、なぜか55分間中断をしていたという報告が東京電力から出てきた。「再臨界の恐れあり」と判断した官邸の指示があったとか、それとも東電が官邸の議論を忖度(そんたく)して「自主的」に中断したとか、事実関係の確認で大騒ぎ。さらに、原子力安全委員会の斑目委員長が再臨界の可能性を指摘したという細野首相補佐官の発言について、斑目委員長がそれを否定するというおまけまでついた。結局は、福島第1原子力発電所の所長判断で海水注入を止めていなかったということになったが、これで大騒動も一件落着とはいかない。

 誰が何を言ったのか(とりわけ菅総理が再臨界をどのくらい気にしていたのかなど)は、今となっては正確なところは分からない。地震発生後わずか20数時間しかたっていない時である。官邸にしても東電にしても相当混乱していたはずだ。しかし今は、そこからすでに2カ月以上が経過している。当事者の記憶は、往々にして自分に都合のいいように書き換えられるものだ。事故調査・検証委員会がどれほど熱心に調査しても、結局、真相は明らかにならないかもしれない。

 ただ不思議でならないのは、この打ち合わせのときに議事録は取らなかったということがありえるのだろうかということだ。通常、政府が行う公式の会議で議事録を取らないとか、録音や録画をしない会議などというものがあるとは思えない。権力の行使は後の世の評価に資するために、ありとあらゆることを記録しておくものだと思う。

 米国のキッシンジャー元国務長官は、外国の高官と電話で会談した内容をすべて録音していた。その録音を書き起こした記録は、すべてが公文書館に保存され第一級の外交史料となっている。逆に言えば、確認できないようなもの(例えば携帯電話)を米国の大統領は持てない。オバマ大統領が誕生したとき、愛用のブラックベリーを大統領が使い続けてもいいかどうかが議論され、結局、認められた。しかしそのためには通信内容を誰かが確認することをしているはずだ。そこまで「記録」ということにこだわっているのは、「ウォーターゲート事件」※という大統領が関わったスキャンダルがあったからだろう。常に記録していくという姿勢は立派なものだ。

※ウォーターゲート事件:1972年に起きた米国の政治スキャンダル。民主党本部があるワシントンのウォーターゲートビルに、共和党筋の人物が盗聴器を設置しようと侵入したため逮捕される。現役大統領が任期中に辞任に追い込まれる事態となった。
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ