ニュース
» 2011年05月26日 15時49分 UPDATE

奥さんの結婚年齢は26.9歳――どこで出会ったの?

結婚相手とはどこで出会った人が多いのだろうか。首都圏に住んでいる人に聞いたところ「職場や仕事」と答えた人が最も多かった。リクルート ブライダル総研調べ。

[Business Media 誠]

 結婚相手とはどこで出会った人が多いのだろうか。首都圏に住んでいて、2009年4月〜2010年3月に結婚した人に聞いたところ「職場や仕事」(29.7%)と答えた人が最も多く、次いで「友人・兄弟姉妹を通じて」(27.7%)、「学校」(13.1%)であることが、リクルートのブライダル総研の調査で分かった。また首都圏に住んでいる人は「サークル・スクール・習い事」(7.7%)や「アルバイト」(6.5%)で出会った人が、他のエリアよりも多い。

yd_we1.jpg 出会いのきっかけ(出典:リクルート ブライダル総研)

 首都圏以外に住んでいる人をみると、1位は「友人・兄弟姉妹を通じて」、2位が「職場や仕事」だった。

結婚時の奥さんの平均年齢

 結婚時の奥さんの平均年齢は28.3歳だったが、出会いのきっかけによって年齢に違いはあるのだろうか。最も若かったのは「アルバイト」で26.6歳、次いで「学校」が26.9歳、「職場や仕事」が28.4歳。分布でみると、全体では26〜29歳で横ばいの緩やかなピークがあるのに対し、「学校」で出会った人は26歳が突き抜けていた。「(学校で出会った人は)10代のころや20代前半からつきあい始めていることが多く、自然に結婚年齢も早くなるようだ」(リクルート ブライダル総研)

yd_we2.jpg 出会いのきっかけ別結婚時の年齢(リクルート ブライダル総研)

 逆に出会うきっかけが遅かったのは「結婚紹介所を通じて」が33.2歳、「お見合い」が33.0歳だった。

yd_we3.jpg 出会いのきっかけ別結婚時の年齢(リクルート ブライダル総研)

 郵送による調査で、2009年4月〜2010年3月に結婚した7748人が回答した。調査期間は4月23日から6月4日まで。

yd_love.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集