コラム
» 2011年04月28日 08時00分 UPDATE

相場英雄の時事日想・震災ルポ(2):都知事の“天罰発言”を聞いたとき、被災者の感情は (1/4)

3月11日に発生した東日本大震災を「我欲への天罰」などと発言し、批判を浴びた石原都知事。この言葉を聞いた被災地の人たちはどのような感情を抱いたのだろうか。相場英雄氏の震災ルポ2回目。

[相場英雄,Business Media 誠]

相場英雄(あいば・ひでお)氏のプロフィール

1967年新潟県生まれ。1989年時事通信社入社、経済速報メディアの編集に携わったあと、1995年から日銀金融記者クラブで外為、金利、デリバティブ問題などを担当。その後兜記者クラブで外資系金融機関、株式市況を担当。2005年、『デフォルト(債務不履行)』(角川文庫)で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、作家デビュー。2006年末に同社退社、執筆活動に。著書に『株価操縦』(ダイヤモンド社)、『偽装通貨』(東京書籍)、『偽計 みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎』(双葉社)などのほか、漫画原作『フラグマン』(小学館ビッグコミックオリジナル増刊)連載。ブログ:「相場英雄の酩酊日記」、Twitterアカウント:@aibahideo


 被災地入りして2日目、筆者は東京から帰郷した友人T氏とともに現地をつぶさに歩いた。この間、震災地での被災者の生活の様子や今後のことを聞く機会を得た。大手の新聞、テレビでは伝えられることのない被災者の生の声を紹介する。

 →【震災ルポ(1)】大津波で崩れ去った石巻市――そこで見たものは

yd_aiba20.jpg (出典:Google マップ)

被災者の自宅

 次の写真は、筆者とともに故郷の被災地に帰った友人T氏の実家だ。家があるのは、石巻市のお隣、航空自衛隊基地がある東松島市だ。石巻市の甚大な被害に焦点が当たっていたが、東松島市も壊滅的な被害を受けていた。同市の各所では津波が堤防を乗り越えたほか、大曲地区という場所では河川の堤防が決壊し、広い地域に海水が押し寄せた。

yd_aiba1.jpgyd_aiba4.jpg 被災した友人の東松島市の実家(右)、浴室にも津波が押し寄せた(右)

 自衛隊による懸命の排水作業により、ようやく田畑や住宅街を覆った水が引け、「自動車や家屋の残骸が顔を出し、ようやく行方不明者の捜索活動もできるようになった」(8日付の石巻日日新聞)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集