コラム
» 2011年04月25日 10時00分 UPDATE

杉山淳一の+R Style:第47鉄 災害と復興と洋菓子――2008年夏、柏崎 (1/6)

大震災に襲われた街が復興するまで、どれくらいの時間が必要なのだろう? 震災のニュースは、時間の経過とともに扱いが小さくなり、1年も経てば人々が思い出すことも少なくなる。しかしその程度で街は回復しない。被災地では1年以上経っても、震災は続くのだ……。

[杉山淳一,Business Media 誠]

 2008年の夏、青春18きっぷをポケットに入れて旅に出た。ムーンライト信州で白馬へ、大糸線を乗り継いで日本海側へ出て北上した。快晴の空と青い海、海水浴を楽しむ人々。そんな風景に和んで柏崎駅で降り、街を散歩してみたら、どうもいつもの旅と勝手が違う。どこかひっそりとして、観光施設も休業中……。当時、この町は1年前の新潟県中越沖地震から再起の途中だった。震災の復興に、これほど時間がかかるとは思わなかった。

map 今回のルート。ここをクリックすると筆者による各ポイントについての説明が読める

何も知らずに東京を出発

 2008年7月20日、新宿駅発の夜行快速「ムーンライト信州」に乗った。この電車はかつて新宿から何本も出ていた山岳列車の名残だ。夜中に出発して、中央本線と篠ノ井線を経由して松本駅へ。さらに大糸線に入って白馬駅に6時前に着く。最近は登山が再び人気のようだが、このときはまだその兆しはなく、昔風の山男のグループが2組ほどしかいなかった。

 各駅停車に乗り継いで南小谷駅へ。この駅はJR東日本とJR西日本の境界になっている。JR東日本側は電化されていて、JR西日本側は非電化。当時は現役で最も古い気動車、キハ52を運行していた。廃止が近いと噂されたディーゼルカーを目当てに、多くの鉄道ファンが集まっていた。部活に通う地元の高校生が「なんで混んでんの?」と不思議がっていた。

ay_01.jpg ムーンライト信州で白馬駅着。さらに乗り継いで南小谷へ
ay_02.jpg 大糸線でキハ52に乗った。2008年夏の思い出
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -