ニュース
» 2011年04月22日 15時48分 UPDATE

おおたかどや山標準電波送信所、暫定的に送信再開

標準電波の送信を停止していた福島県・おおたかどや山標準電波送信所が電波の送信を再開した。3月12日の停止以来、約40日ぶり。

[岡田大助,Business Media 誠]
おおたかどや山 おおたかどや山標準電波送信所(出典:情報通信研究機構)

 3月12日から標準電波の送信を停止していた福島県・おおたかどや山標準電波送信所が電波の送信を再開した。標準電波は、電波時計の自動時刻合わせなどに使われている。

 おおたかどや山標準電波送信所は、福島第一原子力発電所から20キロ圏内にあり、避難指示によって3月12日19時46分から標準電波の送信を停止していた。運用する情報通信研究機構(NICT)では遠隔操作に必要な措置を施し、4月21日13時54分に暫定的な送信を再開した。

 NICTでは、「今後、落雷や停電などにより停波を余儀なくされる可能性もある」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集