ニュース
» 2011年04月21日 12時50分 UPDATE

新入社員の間で、“安定志向”が強まっている (1/2)

「定年まで同じ会社で働きたい」と考えている新入社員はどのくらいいるのだろうか。2010年に就職した新入社員に聞いたところ「定年まで勤めたい」と答えた人は50.0%であることが分かった。日本能率協会調べ。

[Business Media 誠]

 「定年まで同じ会社で働きたい」と考えている新入社員はどのくらいいるのだろうか。2010年に就職した新入社員に聞いたところ「定年まで勤めたい」という意向が年々増えており、長期雇用を望む新入社員が半数(50.0%)を占めていることが、日本能率協会の調査で分かった。

yd_work1.jpg あなたは転職・独立志向はありますか? (出典:日本能率協会)

 また「実力・成果主義」と「年功主義」、どちらの会社で働きたいですかと聞いたところ、ほぼ半々(実力・成果主義:49.1%、年功主義:50.4%)という結果に。ただ2006年度と比べると「年功主義」が15.8ポイント増えており、新入社員の間で年功主義が強まっているようだ。

yd_work2.jpg 実力・成果主義と年功主義、どちらで働きたいですか? (出典:日本能率協会)

 10年後の日本社会はよい社会になっていると思いますか、という質問に対し「なっていないと思う」が46.0%。「新入社員の将来に対する不安感の強さが背景にあるとうかがえる」(日本能率協会)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -