ニュース
» 2011年04月19日 14時42分 UPDATE

男性はどんなモノを買っている?

[Business Media 誠]

 男性はどのような商品をどのように購入しているのだろうか。15〜49歳の男性に「普段購入している商品ジャンルは何ですか?」と聞いたところ、「家電・電化製品」(78%)と答えた人が最も多いことが、IMJモバイルの調査で分かった。次いで「本・CD・DVD」(71%)、「趣味・ホビー(インドア)」(69%)という結果に。

yd_shouhin1.jpg 購入している商品ジャンル(出典:IMJモバイル)

 「家電・電化製品」を購入するきっかけとなる情報は「クチコミサイト」(52%)が最も多く、次いで「企業の商品情報サイト」(28%)、「ポータルサイト」(24%)と続いた。年代別にみると、10代は「企業の商品情報サイト」「SNS、ブログ」、40代は「ポータルサイト」を見て購入する人が多いようだ。

 また「家電・電化製品」の購入場所を聞いたところ「スーパー・量販店・ホームセンター」(47%)がトップ。以下「サイバーモール」(30%)、「各種専門店」(24%)と続いた。年代別にみると、10代は「量販店」「各種専門店など実店舗で購入する人が多く、40代は「サイバーモール」「ECサイト」「オークションサイト」などネットショッピングを活用する人が目立った。

服を購入するきっかけ

 5位にランクインした「服(プライベート)」はどのようなきっかけで購入しているのだろうか。購入のきっかけとなる情報源を聞いたところ「ポータルサイト」(20%)を挙げる人が最も多かった。次いで「店舗POP」(18%)、「店舗チラシ・フリーペーパー」(16%)だった。また未婚で彼女がいる男性は、既婚者や未婚で彼女がいない男性よりも、積極的に情報を入手している傾向がうかがえた。

 インターネットによる調査で、15〜49歳の男性620人が回答した。調査期間は2月25日から26日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news004.jpg
キャズム理論が進化している:
news021.jpg
杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
news011.jpg
新人記者が行く(特別篇):
news121.jpg
需要拡大に対応:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -