調査リポート
» 2011年04月14日 17時37分 UPDATE

減少率は過去最悪、3月の外国人旅行客が半減

[Business Media 誠]

 日本政府観光局は4月14日、3月の訪日外国人客数が前年同月比50.3%減の35万3000人となったと発表した。前年同月比の減少率はこれまで最大だった1971年8月(同41.8%減)を上回り、過去50年のすべての月で最大となった。

 震災前(3月1日〜11日)の訪日外国人客数は前年同期比4%増の21万5000人と堅調だったが、震災後(3月12日〜31日)は同73%減の13万7000人と激減した。津波の被害で仙台空港が閉鎖されたことに加え、各国政府が被災地や日本全体への渡航の自粛、延期を求める勧告を出したことが影響した。

ah_kanko.jpg 2011年3月訪日外国人客数(出典:日本政府観光局)

 地域別にみても、すべての国・地域からの訪日外国人客数が大幅に減少しているが、特に「ドイツ」が前年同月比64.6%減の5000人、「香港」が同61.2%減の1万4100人と、減少率が大きかった。

 日本政府観光局では「海外の旅行会社各社は、特に福島第一原子力発電所事故の推移に注目しており、収束のめどがつくまでは、訪日旅行商品の企画・販売に慎重な態度を示す会社が大勢」とコメントしている。

関連キーワード

日本 | 地震 | 外国人


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集