ニュース
» 2011年04月13日 14時38分 UPDATE

顔が見えた! レクサス「LF-Gh」コンセプト

ティザー画像で一部分だけが公表されていたレクサス「LF-Gh」。次期レクサスGSとみられるコンセプトカーの概要が公開された。

[岡田大助,Business Media 誠]

 トヨタ自動車は、4月20日から始まる「ニューヨークオートショー2011」に、ミッドサイズセダンのコンセプトカー「LF-Gh」を出展する。すでにフロントグリルの一部分が先行公開されていたが、全体像が分かった。

LF-Gh LF-Gh(出典:トヨタ自動車、画像をクリックすると拡大します)

 既報のとおり、LF-Ghはレクサスのデザイン哲学「L-finesse」の新たな可能性を追求するとともに、レクサスハイブリッドドライブに基づき開発した次世代のミッドサイズグランドツーリングセダンのコンセプトカーだ。

LF-GhLF-GhLF-Gh (出典:トヨタ自動車、画像をクリックすると拡大します)

 新しいフェイスとなる「スピンドルグリル」は、ヘッドランプよりもフロントグリルを低く配置するレクサス共通の構成を継承しつつ、ラジエーターグリル、ブレーキ冷却ダクトなどの機能性や空力性能の向上を大胆にデザインへ取り入れるもの。

LF-GhLF-GhLF-Gh (出典:トヨタ自動車、画像をクリックすると拡大します)

 同社では「グランドツーリングセダンとしての正統的かつ力強いプロポーションにより、LEXUSの目指す走りの楽しさとプレミアムカーとしての存在感をアピール」とコメントする。

LF-GhLF-GhLF-Gh (出典:トヨタ自動車、画像をクリックすると拡大します)

 ボディサイズは4890×1870×1450ミリ(全長×全幅×全高)で、ホイールベースは2850ミリだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集